光を遮る

55 の用例 (0.01 秒)
  • 樹葉が光を遮っている樹林帯の中では、サングラスをかける必要はない。 森村誠一『山の屍』より引用
  • それは太陽の光を遮り、ほとんど闇のような形しか識別できなかった。 瀬名秀明『パラサイト・イヴ』より引用
  • 空で一度、大きく拡散したそれは太陽の光を遮り、周囲を夜に変えた。 雨木シュウスケ『レジェンド・オブ・レギオス 第03巻 レギオス顕現』より引用
  • 周囲の林にも光を遮られ、この谷はおそらく真っ暗に近かったに違いない。 東野圭吾『秘密』より引用
  • 北に面して並んだ窓も寝室へ続くドアも、全てが二重になって完全に外光を遮っていた。 小野不由美『屍鬼(下)』より引用
  • 月の浮かんでいる場所には、別のものが浮かんでいて、その光を遮っていたのだ。 神野オキナ『あそびにいくヨ!第03巻』より引用
  • 雪の中に埋没したのに似ている気はしたが、雪も積もれば光をさえぎる。 C★NOVELS『創刊25周年アンソロジー』より引用
  • しかし太陽などの強い光を遮るときだけ、自分の手の存在を目で確認することができた。 乙一『暗いところで待ち合わせ』より引用
  • これは濃い塵が背後の光を遮っている一般的な暗黒星雲の姿と考えられていた。
  • 頭上には月の光を遮るように黒い月が浮かんでいた。 榊涼介『ガンパレード・マーチ 12 山口防衛戦』より引用
  • オランドは手でその光を遮ると目をしばたたかせ、視力の回復に努めた。 楡周平『マリア・プロジェクト』より引用
  • 人影が助手席の窓のすぐ外に立ち、日の光を遮ったからだ。 竜騎士07『ひぐらしのなく頃に 04 暇つぶし編』より引用
  • 思わず手で光をさえぎるようにしたのは、近づく刃物を見まいとしたのかもしれなかった。 赤川次郎『招かれた女』より引用
  • 翠の身体が光をさえぎっているせいもあって、廊下の奥のほうには闇がよどんでいる。 小野不由美『悪夢の棲む家 (上) 挿絵あり』より引用
  • 分厚いカーテンが朝の光を遮って、ホテルの部屋はまだ黄昏たそがれのほの暗さ。 赤川次郎『ひまつぶしの殺人』より引用
  • 彼女の方にゆっくりと手を下げていくと、手の影が彼女に当たっていたすべての光を遮った。 ウルフ/岡部宏之訳『新しい太陽の書3』より引用
  • お房の枕頭まくらもとには黒い布を掛けて、光をさえぎるようにしてあった。 島崎藤村『芽生』より引用
  • 西と南に窓があいていて、雨戸がなくカーテンが光を遮っているだけだったからだ。 半村良『石の血脈』より引用
  • 系外惑星が主星の手前を通過し恒星の光を遮る様子を観測する方法で系外惑星の検出を行っている。
  • これは星間塵の雲が背後の光を遮っているものである。
  • 次へ »