光の反射率

16 の用例 (0.00 秒)
  • 金が金色に見えるのは、青色領域の光の反射率が低いからなんだよ。 川原礫『アクセル・ワールド 11 -超硬の狼-』より引用
  • 物体の黒は、理想としては光の反射率が0ですべての波長の光を吸収する色である。
  • 地球から見た火星表面もこのために二種類の地域に分けられ、両者は光の反射率であるアルベドが異なっている。
  • 光条を形成している物質は、光の反射率、組成、熱的性質において、その周囲の物質と異なっている。
  • またレンズに入り込む光の反射率を低下させ、光の像を軽減させる機能も、携帯電話のデジタルカメラとしては初の機能となる。
  • 最近の研究でテティスが異常に白く、光の反射率が高いのは同じ土星の衛星エンケラドゥスから吹き上げられた氷がその表面に漂着したせいではないかとする説がでてきている。
  • そして、〈銀〉は金ほどではないものの安定していて、電気の伝導率が全金属中で最大、昨日タクムが追加してくれた知識によれば可視光の反射率も最大らしい。 川原礫『アクセル・ワールド 11 -超硬の狼-』より引用
  • 例えば、光の反射率、透過率、それらの波長依存性などが変わる。
  • 結晶とアモルファスでは光の反射率が異なるため、読み出し用の弱いレーザー光を当て、反射光を読み取ることで再生が可能になる。
  • 配色や模様のみならず、クライ社純正の生地は可視光・赤外光の反射率や吸収率までが草原や土壌と同程度になるように作られており、その効果がクライ社のサイトで誇示されている。
  • 入射角を0度から徐々に増加していくと、p偏光の反射率は最初減少し、ある角度で0となり、その後増加する。
  • 光の反射率が可視領域にわたって98 %程度と高いことから美しい金属光沢を有し、大和言葉では「しろがね/しろかね」と呼ばれた。
  • ブルースター角、または偏光角は屈折率の異なる物質の界面においてp偏光の反射率が0となる入射角である。
  • s偏光の反射率は単調に増加する。
  • その端的な例として挙げられるアイテムは白衣の他に黒いマントや、モノクル、異様に光の反射率が高い眼鏡、得体の知れない液体の入った白煙を上げるフラスコ、手入れされずボサボサの髪形、機械義手や身体の一部のサイボーグ化などである。
  • この方式でデータが書き込まれた場合、読み取り時のレーザー光の反射率がDVD-ROMやDVD-Rに比べて若干弱いという弱点がありドライブによってはDVD-Rに比べて再生互換性が若干劣るのはその理由による。