光が瞬く

20 の用例 (0.00 秒)
  • 非難するようなきつい眼差だったが、目の中にはあでやかな光が瞬いていた。 藤本ひとみ『華麗なるオデパン』より引用
  • 複雑にカットされた石の中央では、とくん、とくんと白い光が瞬いている。 九里史生『SAO Web 外伝02 Four Days』より引用
  • 暗いのどの奥で、ちらちらっとオレンジ色の光がまたたくのを黒雪姫は見た。 川原礫『アクセル・ワールド 10 -Elements-』より引用
  • 目を閉じているのに光がまたたいているような感覚だ。 谷川流『涼宮ハルヒの陰謀』より引用
  • 日頃は表情を窺わせない瞳の底で、熾火おきびに似た光が瞬くのが征人には見えた。 福井晴敏『終戦のローレライ(下)』より引用
  • この場にあってはならないほど軽やかな電子音とともに、瑶の手の中で光が瞬いた。 虚淵玄『沙耶の唄』より引用
  • 銀色の光がまたたいた、と思うと、そこに寝転がっていた少年が姿を現す。 谷瑞恵『伯爵と妖精 第17巻 すてきな結婚式のための魔法』より引用
  • 互いに少し離れた瞳に暗い光が瞬いていた。 万城目学『鹿男あをによし』より引用
  • 細い目の奥で、妙に熱を帯びた光が瞬いていた。 万城目学『ホルモー六景』より引用
  • 振り返れば、風斬の背中に接続されている巨大な羽から、雷に似た光がまたたいている所だった。 鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第13巻』より引用
  • 見れば、はるか頭上で、巨大な羽と羽の距離きよりが近づくたびに、青白い光がまたたいている。 鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第13巻』より引用
  • するとエランドの掲げた灰色の石に強烈な青い光が瞬いた。 エディングス『ベルガリアード物語4 魔術師の城塞』より引用
  • 真夜中のドーヴァー海峡の向こうでは、今も断統的に光がまたたいていた。 鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第16巻』より引用
  • ちかっ、と両者の間に銀の光がまたたいた気がした。 川原礫『アクセル・ワールド 02 -紅の暴風姫-』より引用
  • 青白い電光が、惑星上を駆け巡り、地表では無数の光が瞬いている。 T&E『SOFT ディーヴァ・ファンブック 「NOVEL OF DAIVA」』より引用
  • 視界の端で小さな光が瞬く。 永瀬隼介『サイレント・ボーダー』より引用
  • それでも、青い光が瞬いたことは事実だ。 松岡圭祐『千里眼の教室』より引用
  • 波間では銀河の星をぶちまけたような無数の光が瞬く。 有栖川有栖『朱色の研究』より引用
  • キラキラと、まるで雪色の夜空にたった一つ光る星のように、だいだい色の小さな光が瞬いていた。 竹宮ゆゆこ『とらドラ! 第08巻』より引用
  • その奥で、ごくほのかにヴァイオレットの光がまたたいていた。 川原礫『アクセル・ワールド 02 -紅の暴風姫-』より引用