先生

全て 名詞
85,271 の用例 (0.03 秒)
  • 批評家だつた森先生は自然主義の文芸の興つた明治時代の準備をした。 芥川竜之介『文芸的な、余りに文芸的な』より引用
  • 課長は警察医の黒川を手招きして、すみに寝ている川北先生の方を指した。 海野十三『四次元漂流』より引用
  • 九日付の手紙をS先生に見せたのも一つは俺は隠して事をするのが嫌だからだ。 伊藤野枝『出奔』より引用
  • 今も新田先生と千二少年の前に、その丸木がうそぶいて立っているのだ。 海野十三『火星兵団』より引用
  • 新田先生は、これ以上博士を動かすことは出来ないと知って、涙が出た。 海野十三『火星兵団』より引用
  • と先生はちょっと口のうちで繰返したが、直ぐにその意味こころを知ってうなずいた。 泉鏡花『朱日記』より引用
  • 僕はもう半年ほど前に先生の愛読者のK君にお墓を教える約束をしていた。 芥川竜之介『年末の一日』より引用
  • 英雄崇拝の念に充ち満ちたる我等には、快活なる先生とのみ思われたり。 芥川竜之介『森先生』より引用
  • もし生れながらの教育家と云うものがあるとしたら、先生は実にそれであろう。 芥川竜之介『毛利先生』より引用
  • それにしても僕の大好きなあのいい先生はどこに行かれたでしょう。 有島武郎『一房の葡萄』より引用
  • 新田先生は、そう言って、自分の席を立上ると、博士の机の前へいった。 海野十三『火星兵団』より引用
  • けれども唯一人ひとりこの機会にスケツチしておきたいのは山田やまだ先生である。 芥川竜之介『本所両国』より引用
  • ちょうど皆が、先生の死顔しにがおに、最後の別れを惜んでいる時だったのである。 芥川竜之介『葬儀記』より引用
  • 他の子供達は彼を泥棒だと云つて、彼れを罰することを先生に求めた。 ゴールドマン・エマ『子供の保護』より引用
  • 女の先生達はただ呆れたというような調子でしきりに驚いていた。 伊藤野枝『出奔』より引用
  • N先生は『とにかく出たら保護はしてやらねばなりますまい』といった。 伊藤野枝『出奔』より引用
  • れへ入つたら、先生ぽかんとして活動寫眞を見てゐるんぢやないか。 石川啄木『我等の一団と彼』より引用
  • これ、カント先生在世のとき教授せられし大学の跡に建設せるものなり。 井上円了『西航日録』より引用
  • 己がそう思ったらどうするんだ、先生が、そう思ったら何とするよ。 泉鏡花『婦系図』より引用
  • 僕は返したことをしっかり先生に知ってもらいたいので深々とうなずいて見せました。 有島武郎『一房の葡萄』より引用
  • 次へ »