先生行状記

7 の用例 (0.00 秒)
  • 「石中先生行状記」の第5話は猥褻罪の疑いで摘発される。
  • 小説の挿絵も多く手がけ、戦後NHKラジオ「二十の扉」のレギュラー出演者となって国民的に知られ、1950年成瀬巳喜男の映画『石中先生行状記』に主演するなど俳優としても活動した。
  • この号には石坂洋次郎の『石中先生行状記』の発端部となる「馬車物語」を掲載するが、この続きは7月に創刊された『小説新潮』に掲載となった。
  • スター男優の意外な起用にも長けており、三船敏郎は『石中先生行状記』『妻の心』で黒澤映画で見せる男性的魅力とは異なる側面を見せ、三國連太郎は『夫婦』『妻』で奇妙な味わいを残した。
  • 成瀬巳喜男監督の『石中先生行状記』・『妻の心』、溝口健二監督の『西鶴一代女』では、黒澤映画で見せる男性的魅力とは異なる側面を見せた。
  • 吉川英治は昭和になると『宮本武蔵』『三国志』『梅里先生行状記』など、時代に順応しながら、西洋ロマンの方法と日本的な英雄崇拝や義理人情の表現で、国民文学と言われるほどの流行作家となる。
  • 同年の紅系では、『間諜未だ死せず』、『維新の曲』、『南海の花束』、『婦系図』、『梅里先生行状記 龍神剣』、『』、『母の地図』、『母は死なず』、『愛国の花』、『ハワイ・マレー沖海戦』、『富士に立つ影』といった、同館の大都映画時代には考えられない規模の大作が公開された。