先生は私

261 の用例 (0.00 秒)
  • もし犯人が逮捕されていたら古川先生は私を信用しなかったに違いない。 高橋克彦『前世の記憶』より引用
  • 先生は私から話を聞いただけであの歩法ほほうをいきなり行うことが出来た。 川上稔『AHEADシリーズ 04 終わりのクロニクル②〈下〉』より引用
  • 愛すべき青年の先生は私の前で英雄と神との境へまで挙げられたのである。 宮本百合子『追慕』より引用
  • 二年一組と表示された教室の前で先生は私を振りかえって聞いた。 乙一『暗黒童話』より引用
  • それから間もなく老先生は私を高林家の後嗣あとつぎにきめられて披露をされた。 夢野久作『あやかしの鼓』より引用
  • それまでの三日間、ほとんど先生は私に笑顔を見せなかったような気がする。 三浦綾子『ちいろば先生物語』より引用
  • そのうちに若先生は私をソッと膝から離して改めて私の顔を見られた。 夢野久作『あやかしの鼓』より引用
  • しかも先生は私がこの問に対して答えられないという事もく承知していた。 夏目漱石『こころ』より引用
  • 三阪みさか先生は私を三年級から四年級へ掛けて教へて下すつた先生でした。 与謝野晶子『私の生ひ立ち』より引用
  • 何を思ったか先生は私をかかえてピアノのそばでダンスをしはじめた。 半村良『聖母伝説』より引用
  • 先生はわたしの手から望遠鏡ぼうえんきょうって、ぴたりと陸地りくちの方にけました。 ロフティング『ドリトル先生物語10巻 ドリトル先生と秘密の湖』より引用
  • しかも先生は私がこの問いに対して答えられないという事もよく承知していた。 夏目漱石『こころ』より引用
  • しかも先生は私がこの問に対して答えられないということもよく承知していた。 夏目漱石『こゝろ』より引用
  • 先生は私の話を聞いているのかいないのかよくわからない。 田口ランディ『ハーモニーの幸せ』より引用
  • 先生は私に韻律法を教えても、自分ではひとつもつくれなかったのである。 カザノヴァ/田辺貞之助訳『カザノヴァ回想録 第一巻』より引用
  • それなのに先生はわたしの手をとって、ゆるやかな坂道さかみちをおりてゆきました。 ロフティング『ドリトル先生物語02巻 ドリトル先生 航海記』より引用
  • みんなが裏二階を降りると老先生は私に取っときの羊羹を出して下さった。 夢野久作『あやかしの鼓』より引用
  • 先生は私を安心させようとしたのだろうが、その笑顔が余計私を不安にさせた。 山本文緒『きっと君は泣く』より引用
  • 先生は私の顔をじっと見たあと、何も言わずに首を振りました。 宮谷シュンジ『絶望の世界 1光と影の世界 ~僕の日記・迷走編~』より引用
  • しかし先生は私に返事を考えさせる余裕さえ与えなかった。 夏目漱石『こころ』より引用
  • 次へ »