先生は相変ら

11 の用例 (0.00 秒)
  • 先生は相変らず自分の子のやうに私を見て居るし、私の方でも先生をお父さんのやうに思つて居る。 島崎藤村『突貫』より引用
  • 先生は相変らずだが、その子分たちが枕を高くして寝られないことがたった一つあります。 中里介山『大菩薩峠』より引用
  • 先生は相変らずSFに情熱を燃やしていて、私にいろいろなアイデアを提供してくれた。 半村良『聖母伝説』より引用
  • 道庵先生は相変らず御機嫌よく、チビリチビリとやっている。 中里介山『大菩薩峠』より引用
  • 校長先生は相変らずおやさしく私共を可愛がって下さいます。 知里幸恵『手紙』より引用
  • 富岡先生が折角上京されたと思うと突然帰国された、それについて自分は大に胸を痛めている、先生は相変らず偏執ひねくれておられる。 国木田独歩『富岡先生』より引用
  • 先生は相変らず御健勝、御活動のことと大慶に存じ上げます。 宮本百合子『宵(一幕)』より引用
  • 宿屋の主人が表に来て見ますと、無茶先生は相変らずパイプを啣えながらプカリプカリと煙を吹かしています。 夢野久作『豚吉とヒョロ子』より引用
  • そこで電車で逢って一しょに来た、あの高山先生の処へでも行って見ようかと、ふと思い附いて、先生の顔が見えたように思った、床の間の左の、違棚ちがいだなのあたりを見ると、先生は相変らず何やら盛んに話している。 森鴎外『青年』より引用
  • 道庵先生は相変らず泰平楽を並べて、酒に隠れているが、安然塔の発見から、旧友健斎老と会見、これもお雪ちゃんと前後して、山城田辺へひとまず身を寄せることになる。 中里介山『大菩薩峠』より引用
  • 仕方がないから、例の某大家にすがって書生に置いて貰おうとすると、先生は相変らずグズリグズリと煮切らなかったが、奥さんが飽迄あくまで不承知で、先生を差措さしおいて、御自分の口から断然きっぱり断られた。 二葉亭四迷『平凡』より引用