先生の顔

468 の用例 (0.00 秒)
  • なんで怒ってるんだろうって不思議に思って先生の顔を見ていましたね。 永沢光雄『AV女優(下)』より引用
  • つまりは土地勘も充分にあるし、先生の顔だって知らないわけではない。 乾くるみ『マリオネット症候群』より引用
  • 先生の顔がはなやかな演奏会に見えなくなってから、もうよほどになる。 夏目漱石『硝子戸の中』より引用
  • 子どもたちはどうしていいのかわからない、じっと足立先生の顔を見た。 灰谷健次郎『兎の眼』より引用
  • じゃ君は僕の成績せいせきしを、先生の顔できめているわけなんですね? オルコット/吉田勝江訳『若草物語 2下』より引用
  • 先生の顔に驚きと共に〝理解〟の色が浮かんだので、私もびっくりした。 上遠野浩平『しずるさんと偏屈な死者たち』より引用
  • 私はあきれてそう言ったが、そのとたんに滝川先生の顔を思い出していた。 半村良『聖母伝説』より引用
  • そっと先生の顔を見ると、私とマミちゃんだけに視線がむけられている。 群ようこ『無印OL物語』より引用
  • 次郎はせないといった眼付をして、じっと権田原先生の顔を見つめた。 下村湖人『次郎物語』より引用
  • わたしの顔とほぼ同じ高さに見えるようになった先生の顔の、ものすごさ! シャーロット・ブロンテ/大井浩二訳『ジェイン・エア(上)』より引用
  • 功と純は眼にいっぱい涙をためて、じっと小谷先生の顔を見つめていた。 灰谷健次郎『兎の眼』より引用
  • 先生の顔が花やかな演奏会に見えなくなってから、もうよほどになる。 夏目漱石『ケーベル先生』より引用
  • 然しにやにや笑っている先生の顔を見た時、私は急にきまりが悪くなった。 夏目漱石『こころ』より引用
  • つまり、その百姓ひゃくしょうの馬は、先生のかお評判ひょうばんをたいへんよく知っていたのです。 ロフティング『ドリトル先生物語04巻 ドリトル先生のサーカス』より引用
  • しかしにやにや笑っている先生の顔を見た時、私は急にきまりが悪くなった。 夏目漱石『こころ』より引用
  • だいたい担任の先生の顔のかたちまで、親に報告する息子がいるものか。 口有介『ぼくと,ぼくらの夏』より引用
  • けれど、この最後さいご文句もんくをきくと、かおをしかめて先生のかおを見ました。 ロフティング『ドリトル先生物語04巻 ドリトル先生のサーカス』より引用
  • 先生の顔が、温顔からきびしい顔つきへと移っていくのをじっと見ていた。 ジョイス/飯島淳秀訳『ダブリン人』より引用
  • なにしろ、授業中には、先生の顔を見る以外にすることはありません。 橋本治『勉強ができなくても恥ずかしくない(3) ―それからの巻』より引用
  • そう思いながら川島先生の顔をうかがったが、その表情は少しも動かなかった。 泡坂妻夫『蔭桔梗』より引用
  • 次へ »