先生の話

286 の用例 (0.00 秒)
  • 先生の話を聞いてから、あの子を助けてやらなければならないと思った。 歌野晶午『葉桜の季節に君を想うということ』より引用
  • わたしはそのときにはまだ、先生の話の意味いみ十分じゅうぶんにわかりませんでした。 ロフティング『ドリトル先生物語08巻 ドリトル先生 月へゆく』より引用
  • けれども先生の話は、容易に自分の死という遠い問題を離れなかった。 夏目漱石『こころ』より引用
  • しかし、私の人生を語らねば、吉村先生の話はどうとも始まらぬのです。 浅田次郎『壬生義士伝 下』より引用
  • 先生の話は、私にとってすべてが重々しくて大切な知識ばかりだった。 相沢忠洋『「岩宿」の発見 幻の旧石器をもとめて』より引用
  • 私は耳で先生の話を聞きながら、眼はコックたちの動きを追うていた。 石川達三『充たされた生活』より引用
  • それから小谷先生の話をきいて、いいかげんにしとくことやなといった。 灰谷健次郎『兎の眼』より引用
  • 歴史の先生の話だと、実は伊勢神宮いせじんぐうよりも古い可能性かのうせいがあるそうだ。 橋本紡『半分の月がのぼる空 第06巻』より引用
  • 家庭教師の先生の話を、瞳ちゃんは、わたしにほとんどしなかった。 野村美月『文学少女シリーズ14 “文学少女”見習いの、卒業。』より引用
  • T先生の話によれば、僕等を教へた先生たちは大抵たいてい本所ほんじよにゐないらしい。 芥川竜之介『本所両国』より引用
  • 先生の話じゃないが、おれたちが地球のためにやらなきゃならない世代なんだ。 岩本隆雄『星虫』より引用
  • 太郎は、さっきから先生の話をところどころしか聞いていなかった。 ハーン/平井呈一訳『東の国から』より引用
  • 先生の話も耳に入らないほど考えていたというの? 三浦綾子『ひつじが丘』より引用
  • 先生の話では、この中のある種類しゅるいのものには、とく注意ちゅういすべきだということでした。 ロフティング『ドリトル先生物語09巻 ドリトル先生 月から帰る』より引用
  • ぼくは先生の話にはほとんど注意していなかった。 ヘッセ/常木実訳『デーミアン』より引用
  • ただ、保科先生の話では、真っさおな顔をして保健室に入ってきたそうよ。 今野緒雪『マリア様がみてる 18 特別でないただの一日』より引用
  • 素風先生の話の速度が速いのか、ときどき当惑したようにペンが休んだ。 松本清張『馬を売る女』より引用
  • 川北先生の話をしている間に老浮浪者のおもてには、何か感情が動いた瞬間があった。 海野十三『四次元漂流』より引用
  • 先生の話じゃ、その程度の人間が真似したってミイラになれるわけじゃない。 高橋克彦『即身仏(ミイラ)の殺人』より引用
  • 敬二も手をあげたことはあげたんだが、彼は先生の話がよくのみこめなかった。 海野十三『○○獣』より引用
  • 次へ »

先生の話 の使われ方