先生の言葉

293 の用例 (0.00 秒)
  • そして彼女は、不可能な状況と言った三木先生の言葉をまた思い出した。 福永武彦『忘却の河』より引用
  • 僕には、それでも、先生の言葉を心の底から信じる気にはなれなかった。 竹井10日『ポケロリ 01 りぼんの章』より引用
  • こちらの言うことはよく分るらしいのだが、先生の言葉が言葉にならない。 阿川弘之『末の末っ子』より引用
  • こうした性格の反映として実さんは非常に大先生の言葉を気にする。 夢野久作『実さんの精神分析』より引用
  • それはまたあとの心配として、四郎助は休庵先生の言葉に関心を持った。 山田風太郎『地の果ての獄(下)』より引用
  • 宿直の先生の言葉によると、最初はどすんという物音がしたのだそうだ。 貫井徳郎『天使の屍』より引用
  • ところが先生の言葉の底には両方を結びつける大きな意味があった。 夏目漱石『こゝろ』より引用
  • ところが先生の言葉の底には両方を結び付ける大きな意味があった。 夏目漱石『こころ』より引用
  • この話をきいた時わたくしは前述の先生の言葉を思い出した。 和辻哲郎『露伴先生の思い出』より引用
  • 後ろで小さな杖を片手に詠唱に入っている先生の言葉を聞きつつ。 言乃葉『出席番号32番 衛宮』より引用
  • あの時の研究所の先生の言葉が、昨日のことのように思い出された。 永沢光雄『風俗の人たち』より引用
  • 先生の言葉のおくには、いつも強い意志が動いていたからである。 下村湖人『次郎物語』より引用
  • 先生の言葉にほっとしたのは、リディアよりもレイヴンだったかもしれない。 谷瑞恵『伯爵と妖精 第03巻 プロポーズはお手やわらかに』より引用
  • 結局私には、由利先生の言葉が、わからないというよりほかなかった。 横溝正史『蝶々殺人事件』より引用
  • 二人の先生の言葉の調子は、その風貌ふうぼうの異なるようにちがっていた。 下村湖人『次郎物語』より引用
  • 伊吹先生の言葉を口にしながら、私の眼からも涙があふれ出てきた。 雫井脩介『クローズド・ノート』より引用
  • め以子は先生の言葉を思い出し、食べることは生きる力を与えると信じる。
  • みんなも坂部先生の言葉で、芳子から納豆を買ってやった思い出がある。 三浦綾子『銃口』より引用
  • 山村先生の言葉は、きれいに決まった面のようにどこまでも真っ直ぐだった。 今野緒雪『マリア様がみてる 02 黄薔薇革命』より引用
  • 息を止めて、顔を緊張にこわばらせて、先生の言葉を待つ瞳ちゃん。 野村美月『文学少女シリーズ14 “文学少女”見習いの、卒業。』より引用
  • 次へ »