先生の家

391 の用例 (0.00 秒)
  • しかし、時先生の家ではその手の苦情を一度も言われたことがなかった。 吉田修一『熱帯魚』より引用
  • その夜、保郎は夕食を終えてから、暗い道を自転車で先生の家に走った。 三浦綾子『ちいろば先生物語』より引用
  • 先生の家では学校の小使を使って可成かなり大きな百姓ほど野菜を作っていた。 島崎藤村『家』より引用
  • 竜太たちは坂部先生の家に来る途中、その刑務所の前を通って来たのだ。 三浦綾子『銃口』より引用
  • 先生のうちの門のところへ行ってみると、じょうがまだかたくおりていました。 ロフティング『ドリトル先生物語02巻 ドリトル先生 航海記』より引用
  • 私は月に二度もしくは三度ずつ必ず先生のうちへ行くようになった。 夏目漱石『こゝろ』より引用
  • それは先生の家からオクスンソープ街道かいどうを三キロほど行ったところでした。 ロフティング『ドリトル先生物語12巻 ドリトル先生の楽しい家』より引用
  • 先生の家の隣は、木の塀をめぐらし、広い前庭を持つ一戸建の家だった。 三浦綾子『銃口』より引用
  • 兎に角一度私たちは折笠先生の家に行かなければならないのだろうか。 島尾敏雄『出孤島記』より引用
  • もっとも、その日も朝早く、わたしは先生のうちを一のぞいて見たのです。 ロフティング『ドリトル先生物語02巻 ドリトル先生 航海記』より引用
  • 大輔が住むマンションは、時先生の家から歩いて一分も離れていない。 吉田修一『熱帯魚』より引用
  • 貞子が絵の先生の家へお礼に行くと言って、一人先きに帰ったからである。 井上靖『あすなろ物語』より引用
  • ぎんは小学校を中途でやめさせられて校長先生の家へ子守りにやられた。 矢田津世子『鴻ノ巣女房』より引用
  • そこにはお舟の家もあり町医者の順竜じゅんりゅう先生の家もあったのです。 野村胡堂『銭形平次捕物控 11』より引用
  • 先生の家へ何か持って行くような余裕は家にはなかった。 大岡昇平『幼年』より引用
  • わたしは先生のうち動物園とうぶつえんを見にゆきたくて、とてもちきれなくて早くきたのです。 ロフティング『ドリトル先生物語02巻 ドリトル先生 航海記』より引用
  • はじめ先生のうちへ来たころから見るとずっと成人した気でいた。 夏目漱石『こゝろ』より引用
  • 天吾は翌日の朝、教えられていた番号を回し、戎野先生の家に電話をかけた。 村上春樹『1Q84 BOOK1』より引用
  • 街角を左にまがって少し行ったところに朝倉先生の家があるのである。 下村湖人『次郎物語』より引用
  • 先生の家の玄関は灯りが消えていたので、脇を通って庭へ入った。 吉田修一『熱帯魚』より引用
  • 次へ »