先生の声

273 の用例 (0.01 秒)
  • と突然先生の声に驚くと、先生は原稿紙のまま一枚の詩稿を見せられた。 壇一雄『リツ子 その愛・その死』より引用
  • それは、むろん父親の声でもなければ先生の声でも、友達の声でもない。 夢野久作『木魂』より引用
  • 三年松組教室の扉はピシッと閉まっていて、中から先生の声が聞こえる。 今野緒雪『マリア様がみてる 33 ハロー グッバイ』より引用
  • それから先生の声が、まるでひそひそばなしをしているようにきこえました。 ロフティング『ドリトル先生物語10巻 ドリトル先生と秘密の湖』より引用
  • するといきなり先生の声が私の方へまっすぐ飛んできたのだ。 田口ランディ『ハーモニーの幸せ』より引用
  • 私は岩本先生の声を聞いたとき、驚くほど冷静にそんな分析をしていました。 宮谷シュンジ『絶望の世界 2希望の世界』より引用
  • いつも先生の声が耳について離れないし、握手した先生の手を感じているの。 チェーホフ/原卓也訳『ワーニャ伯父さん』より引用
  • ネギ先生の声に明日菜は後ろを走っている私でも分かる反応をしてくれる。 言乃葉『出席番号32番 衛宮』より引用
  • 突然、N先生の声が、その部屋にわずかしかなかった音までかき消した。 乙一『平面いぬ。』より引用
  • 普段は軽やかな先生の声が、いつになく敬虔けいけんに響いたのを覚えている。 藤谷治『船に乗れ!Ⅰ 合奏と協奏』より引用
  • そのあとは友達の声も先生の声も、全然耳に入りませんでした。 野村美月『文学少女シリーズ01 “文学少女”と死にたがりの道化』より引用
  • 猿の群れが先生の声をきいて、偵察猿がそれを確認していたのである。 遠藤周作『ぐうたら人間学』より引用
  • 校長先生の声がしてかしこまってはいると、人相の悪い変なおじさんがいる。 石井代蔵『千代の富士一代』より引用
  • 患者さんが中にいるらしく診察室から先生の声が聞こえている。 夏石鈴子『バイブを買いに』より引用
  • 先生はもう帰ってしまったのに、あたしにはまだ先生の声や足音がきこえるの。 チェーホフ/原卓也訳『ワーニャ伯父さん』より引用
  • 寝室に着いたかと思うと、スキャチャード先生の声が聞こえてきた。 シャーロット・ブロンテ/大井浩二訳『ジェイン・エア(上)』より引用
  • 僕には先生の声が少し震えているように感じられた。 江戸川乱歩『江戸川乱歩全短編03 怪奇幻想』より引用
  • かわりに、マクゴナガル先生の声が魔法で拡声され廊下に響き渡った。 ローリング『ハリー・ポッターシリーズ 02 ハリー・ポッターと秘密の部屋』より引用
  • 頭を下げて職員室を去ろうとすると、後ろから山村先生の声がした。 今野緒雪『マリア様がみてる 33 ハロー グッバイ』より引用
  • ハリーの知っているいつもの先生の声ではなかった。 ローリング『ハリー・ポッターシリーズ 05a ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団(上)』より引用
  • 次へ »