先生のれんらく

5 の用例 (0.00 秒)
  • そこにぼくがいれば、ぼくが案内するが、もしいないときは、スイッチをおして、ママ先生のれんらく係に、あいずのベルをならす。 佐藤さとる『コロボックル物語シリーズ 2 豆つぶほどの小さないぬ』より引用
  • ぼくがせいたかさんの家にかえったときは、そのことを、ママ先生か、ママ先生のれんらく係に、知らせておかなくてはならない。 佐藤さとる『コロボックル物語シリーズ 2 豆つぶほどの小さないぬ』より引用
  • ママ先生のれんらく係である、ヒイラギのおくさんが、そのベルをきけば、ぼくのへやのベルを短くならして、信号をうけとったことを知らせてくる。 佐藤さとる『コロボックル物語シリーズ 2 豆つぶほどの小さないぬ』より引用
  • ママ先生のれんらく係は、むかしから、しっかりものの、女のコロボックルがついている。 佐藤さとる『コロボックル物語シリーズ 2 豆つぶほどの小さないぬ』より引用
  • ぼくはおもに外の仕事をひきうけるし、ママ先生のれんらく係は、だいたい家の中のこまかい仕事をひきうけてくれる。 佐藤さとる『コロボックル物語シリーズ 2 豆つぶほどの小さないぬ』より引用

先生のれんらく の使われ方