先生

全て 名詞
85,271 の用例 (0.03 秒)
  • 先生はそう言って墨だけは女の弟子にすらすことにされていたのである。 上村松園『三人の師』より引用
  • そこのところがどうなっているのか、先生は知りたいと思ったのである。 海野十三『火星兵団』より引用
  • けれどもただ一人この機会にスケッチしておきたいのは山田先生である。 芥川竜之介『本所両国』より引用
  • 今度の先生の様に良い人はお前、何処に行つたつて有るものぢやないよ。 石川啄木『鳥影』より引用
  • 傍には世話になった先生や世話焼き役の田中の小父さん等が一緒にいた。 伊藤野枝『わがまま』より引用
  • これからでも飛んで行って、先生に話をして結納を持って帰りましょう。 泉鏡花『婦系図』より引用
  • この点では殆ど先生としては人工を尽したと言つても善いかも知れない。 芥川竜之介『文芸的な、余りに文芸的な』より引用
  • そして二人で、先生が間違つたのだらうかうだらうかと心配してゐた。 石川啄木『葉書』より引用
  • なんでも先生は今日こんにちでも、やはり同じ大問題を研究し続けてゐるさうである。 芥川竜之介『LOS CAPRICHOS』より引用
  • 半季ほどたってこの学校に改革が起こって松年先生は学校をやめられた。 上村松園『随想』より引用
  • 博士はそう言って、先生と千二との顔を、おだやかな目つきでながめた。 海野十三『火星兵団』より引用
  • そして急いでいつも整列して先生を待っている所に走って行きました。 有島武郎『一房の葡萄』より引用
  • 今のうちだと思って、新田先生は、しきりに勉強をしているわけだった。 海野十三『火星兵団』より引用
  • 先生は、一瞥して、この客の顔を、どこかで見た事があるやうに思つた。 芥川竜之介『手巾』より引用
  • 少しせて身長せいの高い先生は笑顔えがおを見せて僕を見おろしていられました。 有島武郎『一房の葡萄』より引用
  • もう一度そう先生が静かに仰った時には、僕はもうたまりませんでした。 有島武郎『一房の葡萄』より引用
  • 自分はその時の毛利もうり先生くらい、不思議な顔をした人を見た事はない。 芥川竜之介『毛利先生』より引用
  • 私は中に立つて、其の夫人と、先生とに接吻キッスをさせるために生れました。 泉鏡花『貴婦人』より引用
  • 今度の先生の樣に良い人はお前、何處へ行つたつて有るものぢやないよ。 石川啄木『鳥影』より引用
  • そういって先生は僕のカバンの中にそっと葡萄の房を入れて下さいました。 有島武郎『一房の葡萄』より引用
  • 次へ »