先方の返事

13 の用例 (0.00 秒)
  • だが、もたらされた先方の返事は、越軍の意向を無視するものであった。 咲村観『上杉謙信人の巻』より引用
  • まず無理だろう、というのが先方の返事だった。 宮部みゆき『レベル7』より引用
  • 先方の返事はいままでと変わらん。 松岡圭祐『千里眼の水晶体』より引用
  • 「お前は誰だ」 と二度誰何ふたたびすいかした途端に、米友は先方の返事よりも早く、自分の胸に反応が来てしまいました。 中里介山『大菩薩峠』より引用
  • まず先方の返事次第ですね。 夏目漱石『倫敦消息』より引用
  • 先方の返事や出方を待った上で判断を下す。 山田智彦『銀行 男たちの挑戦』より引用
  • 平兵衛が先方の返事を持ち帰って見ると、稲葉の主人をはじめ先方では非常に残念がり、そういう娘こそ見どころがあると言って、改めてこの縁談をまとめたいと言って来た。 島崎藤村『夜明け前』より引用
  • どうせ先方の返事は分つてゐるのだから、僕は諦めの良い集金人みたいのもので、店頭に立ち又来ました、といふしるしにニヤリと笑ふ。 坂口安吾『二十一』より引用
  • どうせ先方の返事は分っているのだから、僕は諦めの良い集金人みたいのもので、店頭に立ち又来ました、というしるしにニヤリと笑う。 坂口安吾『二十一』より引用
  • 先方の返事は、率直で具体的だった。 眉村卓『不定期エスパー7』より引用
  • まもなく女中はもどってきて、お医者さまは日をたがえずに、きちんきちんと病人をにきて下さっています、べつにこれといって、ほかに手の施しようもないのだそうでと、先方の返事を復命した。 ハーン/平井呈一訳『東の国から』より引用
  • 水、木で原稿を仕上げ、先方の返事を待つ。 大崎善生『孤独か、それに等しいもの』より引用
  • もっとも、先方の返事は、もっと詳しくて、「あすはおろか、ほかのときだって、だめだ」とのことであった。 カフカ/谷友幸訳『城(上)』より引用