先方の注文

5 の用例 (0.00 秒)
  • 私は「これでいいでしょう」と言ったなり先方の注文には取り合わなかった。 夏目漱石『硝子戸の中』より引用
  • 私は「これで好いでしょう」と云ったなり先方の注文には取り合わなかった。 夏目漱石『硝子戸の中』より引用
  • そこでこの坑夫の忠告にはつつしんで耳をかたぶけていたが、別段先方の注文通りに、では帰りましょうと云う返事もしなかった。 夏目漱石『坑夫』より引用
  • 夜があけて、主人が店へ出て来たので、手代共はゆうべのことを話して、親類の御意見で、先方の注文通りに取り計らったと報告すると、市兵衛は再び眉をよせた。 岡本綺堂『探偵夜話』より引用
  • 編輯者の好意から「欺く」はすぐに金に替へられたが、婦人雜誌に載せるものとしては餘りにヂミ過ぎると云ふので、もつと華かなものと云ふ先方の注文から、それの代りを執筆中、丁度一ヶ月前九月四日午後二時に咯血したのだつた。 葛西善蔵『湖畔手記』より引用