先ほど

全て 名詞
1,961 の用例 (0.01 秒)
  • 彼女はまたぼくの話を聞かないで、先ほどと同じ言葉を口にしはじめた。 デュラス/三輪秀彦訳『ジブラルタルの水夫』より引用
  • 先ほども言ったように失敗が既にどこか病気みたところを持っていた。 梶井基次郎『泥濘』より引用
  • 先ほどまで興奮していた美沙もさすがにこの事態には不思議がっていた。 山田悠介『8.1 Game Land』より引用
  • その先に、先ほどまでとは別のエレベーターがあることに気づいたのだ。 花鳳神也『死神とチョコレート・パフェ 2』より引用
  • 先ほどから派手な音やれが続いている、その中でも今のは特別だった。 枯野瑛『銀月のソルトレージュ04 扉なき仮宿』より引用
  • 先ほどまで地面にへたり込んでいたはずの自分の体が、宙に浮いている。 鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第17巻』より引用
  • その画面に先ほどまでなかった炎と煙がわずかではあるが見えている。 高千穂遙『クラッシャージョウシリーズ04 暗黒邪神教の洞窟』より引用
  • 先ほどまで三人が打ち合っていて、今は誰もいなくなった空間に向けて。 林亮介『和風Wizardry純情派 1』より引用
  • 先ほどから声をらして叫んでいるのだが、誰も助けにきてはくれない。 綾辻行人『どんどん橋、落ちた』より引用
  • 先ほどから機嫌よくミカンの皮を剥いていた父の指が止まっているのだ。 林亮介『和風Wizardry純情派 2』より引用
  • ずっと先ほどから視野の中にあったはずの私の下宿を私ははじめて見た。 梶井基次郎『檸檬・城のある町にて』より引用
  • 酒も飲んでいないのに、先ほどから芝居に酔っているに違いありません。 林真理子『本朝金瓶梅』より引用
  • 先ほどまで自分の前に立っていた彼が、地面に腰を落としていたのだ。 川上稔『AHEADシリーズ 06 終わりのクロニクル③〈中〉』より引用
  • 先ほどまで遠くにあったはずの、家とトラクターが見えなくなっていた。 時雨沢恵一『キノの旅 第05巻』より引用
  • 彼女は先ほどまで、彼の友人たちに東京を案内してもらっていたのだった。 林亮介『和風Wizardry純情派 1』より引用
  • 六時になるかならないかというとき、先ほどと同じ勢いで話し始めたのだ。 ドイル・アーサー・コナン『瀕死の探偵』より引用
  • こちらを見る玄児の目にはまた、先ほどと同じ狂信者の色が宿っていた。 綾辻行人『暗黒館の殺人(下)』より引用
  • 彼はもう先ほどからある考えが頭からはなれないようになっていた。 ドストエフスキー/工藤精一郎訳『罪と罰』より引用
  • 何か言いたいことでもあるのか、先ほどから竜憲の動きを見守っていた。 新田一実『魔鏡の姫神 霊感探偵倶楽部』より引用
  • この最後の連中の中に、われわれが先ほど紹介した大尉と歩兵がいた。 アレクサンドル・デュマ/鈴木豊訳『赤い館の騎士(上)』より引用
  • 次へ »