元wba世界フライ級

17 の例文 (0.00 秒)
  • なお、この試合は当初、元WBA世界フライ級王者エリック・モレルを挑戦者に迎えて行われることになっていたが、モレルが過去に刑事事件で逮捕歴があることが判明。 ...
  • かねてより、同郷の元WBA世界フライ級王者レパード玉熊の世界戦を見ていたこともありプロボクサーも志望する。 ...
  • 元WBA世界フライ級王者の現役世界ランカーヘスス・ロハスと対戦し9回TKO負け。 ...
  • 父親グティ・エスパダスは元WBA世界フライ級王者であり、世界初の親子による世界王者となった。 ...
  • 元WBA世界フライ級王者の同国人ヘスス・ロハスと対戦するが、12回判定負けを喫する。 ...
  • 網膜剥離で引退を余儀なくされ2011年4月9日、後楽園ホールで引退式を行い、元WBA世界フライ級王者坂田健史とエキシビションを行った。 ...
  • その後、世界初挑戦で敗れたゴンザレス、元WBA世界フライ級王者花形進、前王者小熊等の挑戦を退け、世界フライ級史上最多となる14度の防衛に成功。
  • 元WBA世界フライ級王者ヘスス・ロハスと対戦。
  • 同年10月19日、自身4度目の横浜文化体育館で元WBA世界フライ級王者セーン・ソー・プロエンチットに10RTKO勝利を収めた。
  • 同国人の元WBA世界フライ級王者アキレス・グスマンを12回判定に降し、王座獲得。
  • 再起戦を負傷判定で勝利した後、その後2011年8月11日、元WBA世界フライ級王者ルイス・コンセプションとパナマ市のアレナ・ロベルト・デュランで再起戦に登場するも、1回TKO負け。 ...
  • 元WBA世界フライ級・スーパーフライ級王者。 ...
  • 同年11月、WBAラテンアメリカ王座3度目の防衛戦で元WBA世界フライ級王者でもある同国人ヘスス・ロハスに11回TKO負け。 ...
  • 元WBA世界フライ級チャンピオン、レパード玉熊ならびに柔道家でロス五輪およびソウル五輪金メダリストの斉藤仁とは親族関係である。 ...
  • 元WBA世界フライ級チャンピオン。 ...
  • 元WBA世界フライ級暫定王者。 ...