元通り

全て 名詞
1,244 の用例 (0.02 秒)
  • 破壊した平一郎の生活がこのまま過ぎて元通りになりそうに思われない。 島田清次郎『地上』より引用
  • もしぼくだったら体がすっかり元通りになるまでここにじっと隠れている。 クリスティ/赤冬子訳『茶色の服を着た男』より引用
  • 川だって今では元通りですし、そう怒らなくともいいではありませんか。 奈須きのこ『Fate/stay night セイバー Fate TrueEnd 夢の続き』より引用
  • その中から三本を抜きとって、あとは元通りにポケットの底にしまった。 海野十三『流線間諜』より引用
  • 元通りの位置に座り、夫と妹は黙って両親や弟夫婦の会話に耳を傾ける。 坂東眞砂子『葛橋』より引用
  • 患者を完壁に元通りにするなんてことはおれたちには関係ないことだ。 リチャード・フッカー『マッシュ』より引用
  • したがって今では元通り完全な機能を発揮できる状態になっていた。 ナポレオン・ソロ・シリーズ『05 人類抹殺計画』より引用
  • 二つの書類を書いている間に、補佐は遺体に着物を着せて元通りにする。 上野正彦『死体は告発する』より引用
  • 確かに俺の腹は元通りになっているけど、正直遠坂の話には半信半疑だ。 奈須きのこ『Fate/stay night 桜 Heavens Feel NormalEnd 櫻の夢』より引用
  • だからあの人に会いさえすれば、きっとすべてが元通りになるに違いない。 今野緒雪『スリピッシュ! 01 ―東方牢城の主―』より引用
  • そのまま放っておくと干からびるが、水をかけると元通りになると言う。
  • 第一、クリスマス過ぎたら元通りになるという保証なんてないんだから。 篠崎砂美『お隣の魔法使い2 ~不思議は二人の使い魔~』より引用
  • 腕を自切することもでき、欠けた腕はしばらくすると元通りに再生する。
  • 車を伯父の家に返したついでに、ボートは元通り物置にしまっておいた。 綾辻行人『十角館の殺人』より引用
  • 次に造られる橋は、元通りの鉄製の橋にしようという声が上がっている。
  • これはお手のものだから格別の手入れもなしにうまく元通りになりました。 高村光雲『幕末維新懐古談』より引用
  • 気になって自分の腹を見てみると、もう完全に元通りになっていた。 奈須きのこ『月姫 太陽(シエル・グッドエンド)』より引用
  • 作戦室ではへンギストのからだがまだ元通りの格好で椅子の上に倒れていた。 ジェイムズ・ブリッシュ『08 パイリスの魔術師』より引用
  • 彼女は受話器を元通りかけ、大きく息をしながら、夫の方を振り向いた。 クリスティ/河野一郎他訳『事故…クリスティ犯罪・怪奇傑作集』より引用
  • すでに掃除機もかけ終わって、あとは元通り施錠せじょうして部屋を出るだけだ。 大迫純一『神曲奏界ポリフォニカ ポリ黒03 プレイヤー・ブラック』より引用
  • 次へ »