元禄太平記

10 の用例 (0.00 秒)
  • 前年の暮れまで放送されていた大河ドラマ『元禄太平記』が遺作となった。
  • 中には映像資料用として保存されていたものもあり、『元禄太平記』以前の作品および『花神』は運良く残った一部の放送回のみ現存している。
  • また『元禄太平記』についても江守徹が「うちには全話録画してある」とコメントしている。
  • また柳沢吉保役の石坂浩二も江守同様に『元禄太平記』に同役で出演しているが、こちらは大河ドラマからの映像は使われていない。
  • また、本人役で特別出演した黒柳徹子は1975年のNHK大河ドラマ『元禄太平記』以来35年ぶりのドラマ出演である。
  • 忠臣蔵関係の一部映像は大河ドラマの『元禄太平記』と『峠の群像』より流用されている。
  • 翌5月8日にはNHKを訪問し大河ドラマ『元禄太平記』の収録を見学、5月9日には帝国ホテルから国立劇場までの約2kmをオープンカーに乗りパレードしている。
  • また、NHK大河ドラマでは『天と地と』を皮切りに『元禄太平記』、『草燃える』と3作品で主演を務め、他にも多く助演している。
  • NHK大河ドラマ『新・平家物語』『国盗り物語』『元禄太平記』『花神』の時代考証を手掛けた。
  • テレビドラマでも、大河ドラマ『新・平家物語』で信西役を演じたときには、視聴者から「早く殺せ」という助命嘆願ならぬ殺害嘆願が多数届き、『元禄太平記』『赤穂浪士』『忠臣蔵異聞 生きていた吉良上野介』の3作では吉良上野介を演じ、その憎々しい演技ではまり役となった。