元年年

15 の用例 (0.00 秒)
  • 死亡時年齢によって計算すると、大村は天智天皇元年年の出生である。
  • 没年は不明だが、暦仁元年年までは存命している。
  • しかるに盛廉が元亀元年年3月18日に戦死したため、国分の当主として復帰した。
  • 宝永7年6月には狭隘となった書物蔵を改築、翌正徳元年年には一棟を追加し、東西の書物蔵が揃う。
  • 文献の初見は『日本三代実録』貞観元年年正月27日条の当社に従五位上の神階を授けるという記述である。
  • 国史の初見は、『日本三代実録』貞観元年年正月27日条の当社に従五位上の神階を授けるという記述である。
  • 下斗米秀之進は寛政元年年、盛岡藩二戸郡福岡村に生まれた。
  • 弘長元年年、笠懸を披露する北条時宗の為に的を拵える。
  • このことから有造館校長の斎藤拙堂とともに西洋式軍制を取り入れるなどの兵制改革に努め、文久3年には天誅組の変を鎮圧し、元治元年年も京都守衛のため兵を送った。
  • 文久元年年、イギリスの長崎領事モリソンが、攘夷派浪士に襲われた第1次東禅寺事件のときには、矢田堀鴻を艦長として長崎へ連絡航海をした。
  • 宝永元年年、43歳の時、東海道川崎宿の本陣を営み、名主と問屋役を務める、同家の田中兵庫の養子となる。
  • 「総州山室譜伝記」によると、坂田城はこの地方の領主だった三谷氏の居城であったが一族で争っていたため山室氏の客将であった井田氏に付け入られることとなり、弘治元年年閏10月18日、井田友胤に急襲されて三谷氏は滅亡、井田氏に乗っ取られたといわれる。
  • 安元元年年6月4日、鹿ケ谷の陰謀に加担したとして、平清盛によって解官され、清盛の屋敷に法皇近習5名と共に連行される。
  • 嘉永元年年上総国生まれ。
  • 元和元年年、従四位下に昇る。