元就

全て 名詞
1,351 の用例 (0.02 秒)
  • 毛利元就が自分の子孫は天下を望むべからずと遺言した事は有名な話である。
  • のちに元就の命で元清は元祐の養子となった。
  • 元就に出雲国末次庄の末次城を与えられたことから名字を末次と称した。
  • 前嗣は舞いの粗末さに苦笑しながらも、元就のために調子を合わせてやった。 安部龍太郎『戦国秘譚 神々に告ぐ(上)』より引用
  • つまり、元就一代で、安芸の国を中心とする西国の大名となったのである。 桑田忠親『戦国史疑』より引用
  • また、武勇だけの人間ではなく、毛利元就の側近として政務を担当した。
  • その頃、三村家親は同盟相手であった毛利元就と共に対尼子戦に参加していた。
  • 後に毛利氏の家臣となり、毛利元就の娘を妻として一門衆となった。
  • これは毛利元就以来の先例をまとめ上げたものと言われている。
  • 父・兄を酒毒でなくしたため、元就は酒の場には出ても自らは下戸だと口をつけなかったという。
  • それを姓として名乗らせるとは、毛利元就もなかなか洒脱しやだつな男だった。 安部龍太郎『戦国秘譚 神々に告ぐ(上)』より引用
  • 明応6年に毛利元就が生まれたのも、この鈴尾城であったと言われている。
  • その後も元就に積極的に協力し、対大内、大友氏戦で水軍を率いて活躍した。
  • 当初は久光の発言力が強かったが、久光が戦死した後は元就が実権を握った。
  • 幸松丸は元就一派により暗殺された可能性もあると言われている。
  • 元就は卑屈なばかりにへり下った態度で、前嗣を主賓の座に案内した。 安部龍太郎『戦国秘譚 神々に告ぐ(上)』より引用
  • 隆量は元就の七男・天野元政を養子に迎え、右田氏を継承させた。
  • 当地は戦国武将毛利元就の居城吉田郡山城があったところで有名である。
  • 元就は従五位だけに、身分のけじめはきっちりとつけなければならなかった。 安部龍太郎『戦国秘譚 神々に告ぐ(上)』より引用
  • この組織の創設に隆元は大いに貢献したとされるが、主導権を握っていたのはやはり元就であった。
  • 次へ »