元就は興

6 の用例 (0.00 秒)
  • 元就は興盛父子の首実検をした後、龍文寺に丁重に葬り、法要を営んだ。
  • 元就は興盛が毛利家に仕えることを望んだが、興盛はそれを固辞して自害している。
  • 天文19年、元就は興経を強制的に隠居させると、元春に家督を継がせて吉川氏当主とした。
  • しかし天文19年、元春の父の毛利元就は興経を強制的に隠居させ、元春に家督を継がせて新たな吉川氏当主とした。
  • 興経は元就に弁解の書状を出すが、元就は興経粛清の決意を固め、同年9月、隠居館を熊谷信直・天野隆重らに急襲させた。
  • 次に元就は興光の叔父高橋盛光をそそのかし、合戦から帰還途中の興光を討ち果たさせ、それに乗じ高橋氏の領地を併呑した。