元就の防長経略

7 の用例 (0.00 秒)
  • その後、毛利元就の防長経略の際に毛利氏に仕えた。
  • この後も元就の防長経略において、玖珂郡祢笠の土寇討伐で活躍し、豊前での大友氏との戦いにおいても手柄を立てている。
  • その後も大内氏に仕えるが、1556年より始まる毛利元就の防長経略の際、毛利氏に帰順した。
  • 毛利元就の防長経略が始まると、同年には周防国に進出し、玖珂郡山代の山代衆を抱き込み、それを統括する立場となった。
  • 天文23年に父が死去し、翌弘治元年の厳島の戦い後に毛利氏に内通し、弘治3年の元就の防長経略の時には、当主となっていた隆世と袂を分かち毛利氏に降り、元就らに従って転戦する。
  • 石見国の吉見氏は、毛利元就の防長経略後は毛利氏に従っていたが、当主吉見広長が出奔する。
  • 弘治3年、元就の防長経略に際しては毛利軍と同調して山口に侵攻、長門国阿武郡にある渡川城から大内軍を排除して山口北部の宮野口へ迫り、山口を陥落させた。