元就の次男

14 の用例 (0.00 秒)
  • 就勝には子が無く、元就の次男で就勝の甥である元春を養子に迎える事となっていた。
  • 弘治2年には元就の次男・吉川元春が石見に侵攻を開始する。
  • 天文18年、父経世と共に従兄の興経を廃して毛利元就の次男である元春を養嗣子に迎えるために尽力した。
  • この際に弘詮の『吾妻鏡』も毛利氏に献上され、元就の次男・吉川元春の子孫に伝わることとなった。
  • 天文16年には娘の芳桂を毛利元就の次男・吉川元春に嫁がせ、毛利氏との関係を強化し、一門衆として扱われるようになった。
  • 享禄3年、毛利元就の次男として安芸吉田郡山城で生まれる。
  • 元春は毛利元就の次男で、吉川家に養子に入り15代当主となって、弟の小早川隆景とともに「毛利の両川」の一人として活躍した。
  • 天文16年、吉川氏の家臣団は興経の叔母妙玖が毛利元就の妻であるという縁故から、従弟で元就の次男元春を養子に迎えて吉川氏の家督を継がせた。
  • 中国地方の雄、毛利元就の次男で吉川氏の当主であった吉川元春が天正10年の備中高松城の戦いの後、嫡子の吉川元長に家督を譲り隠居した際に、自身の隠居館として1583年に建設を開始した。
  • 毛利元就の次男吉川元春を祖とし、元春の長男吉川元長と続いて、元長没後に元春の次男吉川広家が初代領主となる。
  • 天文16年、経世は吉川氏重鎮としての責任感から大塩を暗殺、老臣の森脇祐有、および姻戚の毛利氏当主・毛利元就と共謀して興経を隠居させ、吉川氏の血を引く毛利元就の次男の元春を当主に迎えた。
  • しかし、天文24年の厳島の戦いで晴賢が毛利元就に討ち取られると藤兼も翌弘治2年に元就の次男・吉川元春に益田領へ攻め込まれ、翌3年に降伏、以降は毛利氏の家臣となった。
  • 元就の正室妙玖の死後に、元就による吉川家への調略が始まり、吉川家重臣は興経から離反し毛利元就へ味方し、興経は元就の次男・毛利元春を養子に迎え、隠居に追い込まれる。
  • 元就と隆元は折敷畑山の東方から、元就の次男吉川元春は北方から、三男小早川隆景は南方から、そして宍戸・福原勢が敵の背後を突く西方からに夜陰に紛れて進攻した。

元就の次男 の使われ方