元就の弟

7 の用例 (0.00 秒)
  • 大永4年に一族の坂広秀が元就の弟相合元綱を擁して元就に謀反し、誅殺された。
  • しかしその翌年、尼子氏と結んで坂広秀・桂広澄らと共に元就の弟の相合元綱を擁立して反乱を起こしたため殺害される。
  • しかし、これに不満を持つ坂広秀らは、謀反の計画を立て、元就の弟・相合元綱を擁立しようと企み、最終的には元就によって誅殺された。
  • しかし、坂氏本家を継いでいた一族の坂広秀が宿老の渡辺勝と共に尼子氏に通じて、毛利元就の弟相合元綱を擁立、謀反を計画して討たれる事件が発生したため、広澄は一族の長として、責任を取って自刃している。
  • 元就の弟・相合元綱を擁立させるべく画策するが、機先を制した元就が元綱とその支持派を粛清したことにより、介入は失敗し、元就が当主となった。
  • 戦国期に至り、大江家52代毛利元就の弟である大江元綱は、この書を出羽守の秦武元に授け、さらに彼から伝授された眞人正豊は、自らを「江家兵学の正統」と称し、元就の孫たる大江元氏に「源家古法」と共に伝えた。
  • 亀井家の家督相続後、安芸国の毛利氏が幼少の当主・毛利幸松丸の死後、大内氏寄りである毛利元就が当主となり、尼子氏からの離反の動きを見せると、1524年、元就の弟である相合元綱らを教唆しクーデターによる元就打倒を画策したが、智略に優れる元就が先手を打ち、この策略は失敗に終わっている。