元就の家督

5 の用例 (0.00 秒)
  • その後は坂広秋、坂広明が執権として権力を奮ったが、毛利元就の家督相続に絡み、坂氏は勢力を落とすこととなった。
  • 大永4年の佐東銀山城の戦いでは尼子方として戦った毛利氏であったが、かつて元就の家督継承問題に尼子経久が介入してきたことなどから、尼子氏に対する不信は少なくなく、翌5年には大内氏の元に帰参した。
  • なお、毛利氏に従った同姓同名の人物がおり、大永3年の元就の家督相続に賛成した15人の宿老だった人物や、天文19年に元就に誅伐された井上一族の人物がいる。
  • 戦国時代、井上光兼は近隣の有力国人である毛利氏に接近、毛利弘元の信任を得て勢力をのばし、光兼の子の井上元兼やその一族の多くは毛利元就の家督相続に貢献し毛利家中で重きをなしたものの、やがて傲慢な振る舞いで元就の怒りを買い、1550年の政変により元兼ら井上氏一族ほとんどが誅殺された。
  • 毛利家の筆頭家老をつとめ、毛利元就の家督相続において、他の14人の宿老と共に起請文に署名した際に、筆頭として署名している。