元就の孫

5 の用例 (0.00 秒)
  • 元就の孫の毛利輝元の頃には石垣や瓦葺きなども使った近代的な城郭へと変貌した。
  • 元就死後、毛利氏の家督はまだ若い元就の孫である毛利輝元が相続する事となり、その補佐役として毛利氏の中での元春・隆景兄弟の役割はますます大きくなり、大友氏や尼子氏、大内氏の残党らと争い各地を転戦する。
  • このように藩政を確立したが、その反面で自尊心も人一倍強く、徳川将軍家家門筆頭の越前松平家から正室・千姫を迎えているにもかかわらず、元就の孫・毛利輝元の孫であるということから、徳川氏に仕えることを恥として、江戸に滞在しながら江戸城に登城しないことさえあったという。
  • 戦国期に至り、大江家52代毛利元就の弟である大江元綱は、この書を出羽守の秦武元に授け、さらに彼から伝授された眞人正豊は、自らを「江家兵学の正統」と称し、元就の孫たる大江元氏に「源家古法」と共に伝えた。
  • 元就の孫の毛利輝元は豊臣秀吉に仕え、安芸・周防・長門・備中半国・備後・伯耆半国・出雲・石見・隠岐の120万5000石を安堵され、本拠を吉田郡山城からより地の利の良い広島に移す。