元就の子

5 の用例 (0.00 秒)
  • 隆康には子がなかったため、元就の子である元秋を養子に迎えている。
  • なお、次男の元正は、元就の子・元春が吉川氏へ養子に入った際、家臣団の筆頭として同行している。
  • 毛利氏の圧力で元就の子である吉川元春が入嗣した際には興経の隠居に反対し、他の反対派の家臣共々所領を没収された。
  • 周防国の椙杜氏の当主・椙杜隆康には子が無く、毛利元就の子・元秋を養子に迎えていたが、後に元秋は出雲国富田に転出し、元秋の弟、末次元康がその家督を継いだが、元康も元秋の病死によって、月山富田に転出、椙杜氏の家督の後継は空席となった。
  • 毛利隆元の死後、元就の子である吉川元春、小早川隆景、重臣である福原貞俊、口羽通良が参画し、実質的な五奉行制度は終わりを迎えた。