元就の命

9 の用例 (0.00 秒)
  • のちに元就の命で元清は元祐の養子となった。
  • 元就の命を聞かずに勝手に自害したことで桂一族では粛清を受けるものと思い、桂元澄を中心に一族で桂城に籠った。
  • その時の対応に不信の念を持った毛利元就の命によって自害に追い込まれ、赤川元久等の兄弟も自害させられた。
  • 永禄11年、毛利元就の命を受けた春継は、美作国に侵攻し、三浦貞盛の籠もる高田城を攻撃して攻め落とした。
  • 元春が吉川氏の本城に入るのは、興経の隠居後の天文19年に、将来の禍根を断つため興経とその一家を元就の命で熊谷氏が殺害してからである。
  • 隆重のもう一人の子、天野元祐は、毛利元就の命で天野隆良の養子となり、月山富田城や備中松山城を守った。
  • 天野隆良には男子はなかったが、後に隆良の主君に殉じた忠義を想った毛利元就の命によって兄の隆重の子、天野元祐が養子に入り、その家督を継いだ。
  • そして天文19年9月、元就の命を受け、月山富田城の戦いで煮え湯を飲まされた幽閉中の吉川興経を天野隆重と急襲して殺害した。
  • 鞆城の前身となるのが天文22年頃に毛利元就の命により備後地方の豪族である渡辺氏が市街中心部の丘陵に築いた「鞆要害」である。

元就の命 の使われ方