元就に攻め

6 の用例 (0.00 秒)
  • しかし義長は弘治3年に毛利元就に攻められ自害させられてしまう。
  • しかし、永禄2年貞勝は尼子氏が毛利元就に攻められている隙を衝いて高田城を奪還した。
  • しかし永禄11年2月19日、毛利元就に攻められて叔父三浦貞盛が死去、居城である高田城も落城し所領を追われた。
  • しかし勝敗はすでに決しており、毛利元就に攻められて佐東銀山城は落城し、信重は自害した。
  • 大内義長に近侍していたが、弘治3年の防長経略で、義長が毛利元就に攻められて長門国長福院で自害した際、そばにいた幼児である彼も義長に殉じる形で殺された。
  • 天文20年大寧寺の変で義隆が陶晴賢に討たれた後、大内義長から安芸国桜尾城を預かったが、天文23年に毛利元就に攻められると、己斐直之・坪井元政と共に降伏し、元堯は山口に退去した。