元就

全て 名詞
1,351 の用例 (0.01 秒)
  • この時親の子孫から後に中国地方の戦国大名となる毛利元就が出ている。
  • 元就は七十五で死んだ人だが、おそらくそれは最晩年のものであろう。 海音寺潮五郎『史談と史論(下)』より引用
  • しかしこの時は武田氏の救援に来た毛利元就の攻撃を受けて敗北している。
  • 毛利元就による中国支配への契機となった厳島の戦いもこの時期である。
  • 隆康には子がなかったため、元就の子である元秋を養子に迎えている。
  • 兎に角元就は、一度は陶に味方をしてその悪業を見遁みのがしているのである。 菊池寛『厳島合戦』より引用
  • 永禄元年、降露坂の戦いで毛利元就の攻撃を受けて温湯城を攻められる。
  • 嗣子がいなかったため、毛利元就の六男である元倶を養子として迎えた。
  • その重要性は、世に元就の遺訓と伝えられる三本矢の教えにもうかがわれる。 桑田忠親『戦国史疑』より引用
  • 興景には男児が無く、元就の3男・徳寿丸が養子となり家督を相続した。
  • 陶の方からも義隆の方からも元就のところへ援助を求めて来ている。 菊池寛『厳島合戦』より引用
  • これを機に信直は武田氏から離反し、毛利元就に属することになった。
  • 元就はこれを拒否したため、徐々に両者の対立は先鋭化していった。
  • この時元就は、温湯城のすぐ東側に陣城である会下山城を作っている。
  • 彼女が毛利元就の人格形成に大きな影響を与えたことは確かである。
  • 翌一五五七年にはいよいよ毛利元就が山口を占領し、大内義長は自殺した。 和辻哲郎『鎖国日本の悲劇 (後編)』より引用
  • 毛利元就は下から成り上るヽヽヽヽヽヽヽという大勢を最もよく具現した人の一人である。 和辻哲郎『鎖国日本の悲劇 (後編)』より引用
  • 毛利元就自身が自らの姿を彫ったものとされる木像を神体としている。
  • 叔父の毛利元就八男の元康と九男秀包は大谷吉継の北陸軍に編入させた。 茶屋二郎『遠く永い夢(下)-関ヶ原 戦勢逆転の真実-』より引用
  • 元就でさえ気付いていない計略を、顕如はどうして知ることが出来たのか。 安部龍太郎『戦国秘譚 神々に告ぐ(下)』より引用
  • 次へ »