元号法制

18 の用例 (0.00 秒)
  • 元号法制化、小選挙区制度等の反対運動をするなどし、九条の会にも賛同している。
  • そして、地方議会による元号法制化促進決議等の運動を強力に推進したのである。
  • その際に「一死似て元号法制化の実現を熱祷しまつる」と書かれた遺書を残していた。
  • 元号法制化推進の意見書採択決議は最終的には1000以上の自治体で挙がっているが、そのかなりの部分を彼らが担当したという。
  • 元号法制化、国旗国歌法制定、教育基本法改正等は、同路線の下に取り組まれた。
  • 日本青年協議会は、地方議会への元号法制化等の陳情活動や日教組のイデオロギー教育への抗議行動等を活発に展開してきた。
  • 元号法制化、自衛隊法改正、教育基本法改正については、活発に地方議会への陳情活動等を行い、大きな成果を挙げている。
  • その後の反憲学連は、他の民族派、愛国派団体とともに直ちに元号法制化運動に取り組み、同法は昭和54年に成立した。
  • 日本の公の機関が作成する公文書における年の表記には、元号法制定時の政府見解にも拘らず、基本的に元号のみが用いられており、西暦による記載はほぼ排斥されている。
  • その後も元号は慣例として用いられていたが、昭和天皇の高齢化に伴い、元号法制化を求める声が高まったのを受け、1979年6月6日には元号法が成立した。
  • 元号法制化の実現によって、憲法第1章の解釈は、「象徴でしかない天皇」から「日本国と国民の象徴であらせられる天皇」へと大きな変貌を遂げた。
  • 一方、「国民会議」は、元号法制化を目的に、やはり最高裁判所長官を務めた石田和外らの呼びかけによって財界人・学者中心で1978年7月に結成された「元号法制化実現国民会議」をもとに、これを改組してつくられ、やはり政治運動を行っていた。
  • 最高裁判所長官、全日本剣道連盟会長等を務め、1978年、元号法制化国民会議を結成、議長となる。
  • この「元号法制化」運動に対し、一水会は、その機関紙『レコンキスタ』で反対の論陣を張った。
  • 御在位50年奉祝運動の後、反憲学連は元号法制化運動に取り組み、学内では「元号廃止=西暦一本化」を主張する教授への糾弾闘争を闘い、学外では日青協と共に地方議会への陳情活動を行っている。
  • 影山は元号法制化を最後の活動として1979年5月25日に青梅の大東塾農場内で「一死似て元号法制化の実現を熱祷しまつる」と書かれた遺書を残し割腹自決した。
  • さらに、建国記念の日の制定や、元号法制化に教団を挙げて協力した他、生長の家政治連合を結成し玉置和郎、村上正邦、田中忠雄、寺内弘子を自由民主党公認候補として参院選に送り込んだ。
  • 伊勢神宮御造営奉賛活動、紀元節復活運動、「自衛隊内神社問題活動」、二重橋事件問責活動、明治維新百年祭運動、明治神宮復興奉賛活動、皇居防衛部隊設置要請活動、八月一五日慰霊行事運動、勤皇村建設運動、靖国神社国家護持運動、元号法制化実現活動などを展開した。