元号法

24 の用例 (0.00 秒)
  • 一方で、西暦には元号法のような法律による何かしらの規定は存在しない。
  • その後論争を経て1979年に元号法が制定された。
  • これを受け、元号法に基づき1989年1月8日に改元がなされた。
  • 日本において、元号法により元号の使用を規定する法的根拠があるが、私文書で使用しなくても罰条などはない。
  • 上記や元号法制定運動など、後期の活動はが、1960年代以前の映画音楽などで左翼色の濃い作品にも多く関わっている。
  • 元号法は元号の制定手続きを定めているが、「政府機関は元号を用いねばならない」とは定められていない。
  • 当時は「元号法制定運動」について議論があった。
  • 元号法は、元号について定めた日本の法律である。
  • なお日本切手には元号法が制定された1979年以降は切手発行年を西暦と元号が併記されているが、現在も西暦のみで表記されている。
  • 元号法では「元号は皇位の継承があった場合に限り改める」と定められ、一世一元の制が維持された。
  • 昭和は、旧皇室典範と登極令による制度での最後の元号であり、元号法で改めて制定された最初の元号である。
  • 影山の自決から12日後の6月6日に元号法が成立した。
  • 元号法によって改元された最初の元号である。
  • その後も元号は慣例として用いられていたが、昭和天皇の高齢化に伴い、元号法制化を求める声が高まったのを受け、1979年6月6日には元号法が成立した。
  • 第二次世界大戦後、日本国憲法施行と皇室典範改正により、元号の法的根拠は一旦消失したが、昭和54年施行の元号法によって、皇位の継承があった場合に限り元号を変更することが定められた。
  • なお、元号法制定にかかる国会審議で「元号法は、その使用を国民に義務付けるものではない」との政府答弁があり、法制定後、多くの役所で国民に元号の使用を強制しないよう注意を喚起する通達が出されている。
  • 明治時代に一世一元の詔により定められ、昭和時代に元号法によって法定された一世一元の制に基づけば、天皇在位中の元号をもって追号とされることが通例である。
  • そのため、元号法の規定に基き、元号を改める政令を公布した。
  • 明治以降は、一世一元の詔・旧皇室典範・元号法により、天皇の皇位を継承する際にのみ改めることが定められているが、明治以前は、不吉なことがあったり、病が流行するなどの理由で度々改元された。
  • また、元号法は「元号は政令で定める事」「元号は皇位の継承があった場合にのみ改める事」を定めているにすぎず、公文書などにおいて元号の使用を規定するものではない。
  • 次へ »