元号を立て

13 の用例 (0.00 秒)
  • 漢風の廟号も持たないが、2ヶ月間の短い治世に天順の元号を立てたので天順帝と呼ばれることもある。
  • 蕭銑は梁公を称し、沈柳生を斬ると梁王を称して、鳳鳴と元号を立てた。
  • 燕王あるいは燕帝を自称していないが、独自の元号を立てて自立しており、実質的な西燕の建国者とされている。
  • 夷陵の戦いで大勝した孫権は、魏に臣従する必要もなくなったため、新しく黄武の元号を立てて魏から独立した。
  • 梁国を建てて、皇帝を称し、永隆と元号を立てた。
  • 和平5年、予成は柔然独自の元号を立てて永康元年とした。
  • 楊侗の死の報が届くと、武徳2年9月、梁王を自称し、延康と元号を立てた。
  • 延和と元号を立てた。
  • 承平と元号を立てた。
  • 建昌と元号を立てた。
  • 以後年代不詳だが、正徳、保徳といった元号を立てた。
  • 孝徳天皇元年6月19日、史上初めて元号を立てて大化元年6月19日とし、大化6年2月15日には白雉に改元し、白雉元年2月15日とした。
  • 延昌と元号を立てた。