元号を建て

16 の用例 (0.00 秒)
  • そのため、時の王朝に対する反乱勢力はしばしば独自の元号を建てた。
  • また、時の政権に何らかの批判を持つ勢力が、密かに独自の元号を建てて使用することもあった。
  • は私年号の項に元号を建てていない君主の在位紀年も載せていますが、このリストには載せていません。
  • この月のうちに帝を称し、国号を斉とし、隆緒元年と元号を建てた。
  • 更に2月、前漢の宗室であることから皇帝に擁立され、更始の元号を建てた。
  • その部下には黄標を載せて区別させ、ひそかに法服を造って登極し、建平元年と元号を建てた。
  • 子和は永楽王を自称し、正平と元号を建て、子和の父を太公とし、弟の郭子政を尚書令とし、郭子端・郭子升を左右僕射とした。
  • 司馬穎が司馬越らに敗れて洛陽に逃れると、10月には漢王を自称し、独自の元号を建てて事実上独立し、漢を建国した。
  • 政府は、1895年11月15日の詔勅を発布し、翌1896年に太陽暦とともに建陽の元号を建て、当制度を採用した。
  • それまでの太陰太陽暦に基づく開国504年11月17日をもってグレゴリオ暦を採用し、同時に建陽の元号を建てて建陽元年1月1日とした。
  • 以後、開明、天政、文安といった元号を建てた。
  • 日清戦争により清の影響下から離れると「開国紀元」が公用化され、次いで1896年のグレゴリオ暦採用に伴い「建陽」の元号を建てた。
  • 再び燕王を称し、始興の元号を建て、百官を置いた。
  • 同年11月、李軌は皇帝を称して国号を涼とし、安楽と元号を建て、唐に使節を派遣し「大涼皇帝臣軌」との表奉を行っている。
  • 営州の高保寧が尊号を称するよう勧進すると、紹義は皇帝を称し、武平元年の元号を建てた。
  • 県令と鎮将を殺し、高曇晟は大乗皇帝と僭称し、尼の静宣を耶輸皇后として立て、法輪と元号を建てた。