元号を使用

20 の用例 (0.00 秒)
  • 前涼では晋朝の元号を使用しているが、唯一独自の元号を使用した例である。
  • 歴史に関する話題で元号を使用していても、1912年以降は元号が廃止されているので西暦のみを使用する。
  • 源氏と平家の争乱の時代で、平家方ではこの元号を使用せず寿永を引き続き使用していた。
  • 新朝の滅亡を実感した地方勢力は王莽の派遣した牧守を殺害し、更始の元号を使用するようになった。
  • しかし順を明と清の間に歴然と存在する短命王朝としてあつかうべきであり、他に私年号に区分される元号を使用した政権とはその歴史的評価を区別するべきである、との意見もある。
  • 高麗の政権を掌握した李成桂は、親明政策をとり明の元号を使用、元の胡服を禁止し、明の官服を導入するなど政治制度の改革を始めた。
  • 高麗時代の解凍穿刺の世界観は、すでに高句麗時代からあったと見ることができた高句麗文明圏の新羅が高句麗との依存関係で友魚や元号を使用した法興王時 に太王称号を使用したことでも知ることができる。
  • また、平家方では都落ちした後も次の元暦とその次の文治の元号を使用せず、この寿永をその滅亡まで引き続き使用した。
  • 源氏と平家の争乱の時代で、源頼朝の源氏方では、この元号を使用せず治承を引き続き使用していた。
  • 文王は渤海歴代の王たちがそうだったよう即位当時から大興、774年から宝暦、780年代に戻って大興と独自の元号を使用しており、唐と同等の帝国を目指していた。
  • 光厳天皇と幕府は元弘改元を認めず、1331年まで元徳の元号を使用し、1332年に正慶に改元した。
  • 当時唐王であった朱聿鍵が福州で隆武帝として即位し、これと皇統の正閏を巡って対立していたため、隆武の元号を使用せずに監国魯元年と称している。
  • 源頼朝の源氏方ではこの元号を使用せず以前の治承を引き続き使用していたが、源氏方と朝廷の政治交渉が本格化し、朝廷から寿永二年十月宣旨が与えられた寿永2年以降、京都と同じ元号が鎌倉でも用いられるようになる。
  • 日本の公文書においては、基本的に西暦よりも元号を使用することが多いため、官公庁や金融機関などを中心に、アプリケーションソフトウェアにも、「昭和」や「平成」で年を表現しているシステムが存在している。
  • 「永昌」という元号は唐のものであるが、日本の元号は686年に天武天皇の崩御により701年の大宝まで停止されていた為、唐の元号を使用したと考えられている。
  • これらの点から、日本でもコンピュータでの処理に際しては内部で西暦を用いているが、全ての公文書では元号を使用することを始め、一般にも書類事務は元号を用いるというニーズが根強いため、表示や入力に際しては元号を使用できるアプリケーションが多い。
  • それでも、当時の群雄の1人で、隴右に勢力を張る隗囂が、光武帝に服属して建武の元号を使用していたため、竇融もこれに倣って建武の元号を使用している。
  • 盛んに朝貢を行い、また冊封体制下に入ったものの正朔を奉じたわけではなく、先代からの建元に続けて、開国、大昌、鴻済といった独自の元号を使用し続けた。
  • 柔然は北魏の太武帝の親征以降、敗戦を重ね、次第に衰弱していったため、北魏や南朝の宋に朝貢し、独自の元号を使用したり、城郭を築いたりして中国の文化を取り入れ、国力の改善を図った。
  • 正平8年/文和2年5月実相寺へ伊賀国平柿荘を寄進したが、その文書では文和の北朝元号を使用している上、8月に足利義詮が寄進を安堵せしめる旨の文書もある。