元号の使用

12 の用例 (0.00 秒)
  • 日本において、元号法により元号の使用を規定する法的根拠があるが、私文書で使用しなくても罰条などはない。
  • 同様に、キリスト教原理主義者団体などは「元号の使用を強制し西暦の使用を禁止するのは、天皇を支持するか否かを調べる現代の踏み絵である」と主張している。
  • これを機に幕府は朝鮮に対し「大君」号と日本元号の使用を伝え、1636年来日の朝鮮通信使から正式に使用される。
  • 例えば、日本において過去に存在した独立国家の定義のひとつとして「独自の元号の使用」があるが、本論においてはほとんど俎上に載らない。
  • そのため、日本共産党などは、事実上西暦が否定されており「元号を使わなければ受理しないなど、元号の使用が強制されているのは不当」であると主張している。
  • 一方で周辺諸国の王権は中国王朝から冊封を受け、周囲の競争勢力に対する自らの正統性の保障としたが、冊封の条件の一つが「正朔を奉ずる」ことであったため、独自元号の使用と冊封は両立しない要素であった。
  • なお、元号法制定にかかる国会審議で「元号法は、その使用を国民に義務付けるものではない」との政府答弁があり、法制定後、多くの役所で国民に元号の使用を強制しないよう注意を喚起する通達が出されている。
  • しかし、第二次奉直戦争の最中であった1924年10月、馮玉祥による突然の北京における首都革命で清室「優待条件修正案」の突き付けにより溥儀は皇帝の尊号を廃され、元号の使用も違法とされた。
  • また、改元が実施された際には、朝廷より将軍・管領の下への改元詔書の到達を受けて、将軍の吉書始と管領の沙汰始が実施されることで初めて武家における新元号の使用が開始されるものとされ、公武両者の齟齬を避けるために武家側での新元号の開始まで公家の室町殿への参上が控えられた。
  • また、元号法は「元号は政令で定める事」「元号は皇位の継承があった場合にのみ改める事」を定めているにすぎず、公文書などにおいて元号の使用を規定するものではない。
  • しかも、文書様式と「正平」元号の使用から鑑みて、公俊は南朝方の知行国主に相違なく、その出自も同じく南朝に属した公重の遺児と見なすのが自然である。
  • しかし地方の抗仏勢力をバックにした咸宜帝は従わなかったため、咸宜元号の使用に対する違和感が強まり、やむなく旧暦の10月から12月までを同慶乙酉年と称し、1886年から元年とした。