元号である

45 の用例 (0.00 秒)
  • 元嘉とは424年に即位した文帝が452年まで採用した元号である。
  • 広運は、南北朝時代の後梁において後主蕭琮の治世に使用された元号である。
  • 天保は、南北朝時代の後梁において明帝及び後主の治世に使用された元号である。
  • 大定は、南北朝時代の後梁において宣帝蕭詧の治世に使用された元号である。
  • 正始は、南北朝時代の北魏において、宣武帝の治世に使用された元号である。
  • 永興は、南北朝時代の北魏において、孝武帝の治世に使用された元号である。
  • 景明は、南北朝時代の北魏において、宣武帝の治世に使用された元号である。
  • このため紀年法として明の最後の元号である崇禎による崇禎紀元を作った。
  • そして970年にベトナム最初の元号である太平が制定された。
  • 神鼎は、五胡十六国時代、後涼の君主呂隆の治世で使用された元号である。
  • 天平は、南北朝時代の東魏において、孝静帝の治世に使用された元号である。
  • 天正は、南北朝時代の梁において予章王蕭棟の治世に使用された元号である。
  • 新しく建てる宮殿の名をえらぶとき、曹操はそれが二百五十年前の元号であることは意識しなかった。 陳舜臣『秘本三国志 06 (六)』より引用
  • なお、前の元号である「仁平」が定められた時も最終候補に定められたが、最後に候補から外されている。
  • 大学名である「修文」は中国の『書経』に由来しているが、これは現在の元号である平成を制定する際に候補になった言葉でもある。
  • これに伴い、南朝元号である元中は廃絶し、天皇の弟で東宮位にあった護聖院宮は事実上廃太子された。
  • 通説では、天武天皇が定めた元号である「朱鳥」の別称、美称とされる。
  • 朱鳥は、日本で飛鳥時代の686年から使われた元号である。
  • 天正は、五胡十六国時代、南北朝時代の梁において武陵王蕭紀が使用した元号である。
  • 弘仁・貞観・延喜とは、それぞれの格式が編纂された年代の元号であるが、実際に完成し施行された年代の元号とはずれが生じることもある。
  • 次へ »

元号である の使われ方