元々中国

20 の用例 (0.00 秒)
  • 喫茶の風習は元々中国の唐代から宋代にかけて発展したものである。
  • これも元々中国的な建築様式が日本独自の発展をとげて生まれた日本風の建築様式である。
  • 元々中国の姓氏で中国皇帝が子孫を '路' 地に封じたことに由来する。
  • 当路線は、元々中国バスが計画していたものであり、当初は広島電鉄との共同運行を予定していた。
  • 元々中国の一部の古典麻雀で、最後の捨牌をロンする和了を人和と言っていた。
  • 「山陰」の「陰」は、元々中国語で「山の北側」を意味する漢字である。
  • 元々中国と西欧とでは法に対する観念が全く異なる上に、国際関係についての考え方も大きく違っているため、その作業には大きな困難を伴った。
  • 元々中国の氏姓で尭帝の子孫唐叔虞が息子公明を賈に封ずることで姓となった。
  • 元々中国の氏姓で周国の召公の後裔として知られている。
  • 貴族が着用する衣服は元々中国から導入されたものだったが、そのうち束帯という日本独特な正装へと変化した。
  • 匁は、元々中国で用いられた名称は「銭」であり、銭貨一枚の質量を単位としたものであった。
  • アメリカの本犬種クラブによると、本種は元々中国で凡そ3000年前に存在していた古代犬種で、絶滅していたかと思われていたが近年になってから中国の福建省で末裔が発見され、その個体を元に北欧のスピッツ犬種の血を借りて再構築したものであると主張している。
  • 元々中国でのビール生産は20世紀初頭に、まず現在の黒龍江省ハルビンにロシア人がハルビン・ビールの工場を設立した。
  • 漢字の「鵜」は元々中国ではペリカンを意味し、「う」は国訓である。
  • 元々中国は朝廷が碑の建立を禁じる命令まで出すほど、碑を建てることが日常的・一般的な国であった。
  • 元々中国ジェイアールバスは益田・津和野エリアに拠点を有していないため、参入当初から営業拠点のある都市まで毎日長距離の回送を行うという運行形態を取っている。
  • 昌氏は元々中国の氏姓で黄帝の息子昌慧の後裔と言う。
  • 高速道路網としては初期の部類に入り、元々中国縦貫自動車道の路線が指定された際には、「中国地方においては、高速道路網の東西軸は1本のみを建設する」とされていたため、山陽地方からも山陰地方からもほぼ等距離にアクセス出来る中国山地沿いの位置に建設された。
  • 元々中国で生まれた拓本は水で画仙紙を対象物の石や金属に貼り付けて、対象物の凹凸に紙を食い込ませ、出た部分にタンポで墨を叩くことで、文字や像を紙の表面に写し取る技法であった。
  • 元々中国の簡伯の後裔と伝わる。