元々は相対式ホーム

9 の用例 (0.00 秒)
  • 元々は相対式ホームで現在使用しているホームの向かい側に使用されていないホームがあり、開業時に植樹されたソメイヨシノの古木がある。
  • 元々は相対式ホーム2面2線を有したが、国鉄時代に撤去され単式ホーム1面1線を持つ構造となった。
  • 元々は相対式ホーム2面2線を有する構造であったが、合理化により交換施設が撤去され現在は単式ホーム1面1線となっている。
  • 元々は相対式ホーム2面2線であった。
  • 元々は相対式ホーム2面2線だったが、旧2番線の線路は撤去され、旧1番線のみ使用されている。
  • 元々は相対式ホーム2面2線を有する地上駅だったが、2004年1月31日に地下化され、改札階は地上1階、プラットホームは地下4階となった。
  • 元々は相対式ホーム2面2線を持ち、交換設備を有しており、2007年度までは駅舎側の2番線に浜坂方面行き、地下道を渡った先の1番線に豊岡方面行きが発着していた。
  • 元々は相対式ホーム2面2線を有する駅であり、駅舎側のホームが2番線、向かい側のホームが1番線と、一般的な付け方とは逆に番線番号が付けられていたが、旧1番線への跨線橋は老朽化に伴い使用できなくなっており、立ち入ることができない。
  • 元々は相対式ホーム2面2線を持ち、交換設備を有しており、2007年度までは駅舎側の1番線に豊岡方面行きが、浜坂寄りの構内踏切を渡った先の2番線に浜坂方面行きが発着していた。