元々は山口県

7 の用例 (0.00 秒)
  • 元々は山口県道218号妻崎開作小野田港線だったが、1983年に路線が延長されて現路線になった。
  • 元々は山口県道234号美祢油谷線だったが、1994年に全区間が主要地方道に昇格し、現路線になった。
  • 元々は山口県道123号津和野田万川線の一部だったが、1994年の主要地方道再編で同名の主要地方道が設定された際に経路を変更したことから現路線が成立した。
  • 元々は山口県道196号大内鹿野線だったが、1977年に全区間が主要地方道に昇格し、現行路線が成立した。
  • 元々は山口県道171号下松田布施線だったが、1982年の主要地方道再編で全区間が主要地方道に昇格し、現行路線になった。
  • 元々は山口県道289号久津港長門古市停車場線の一部区間であったが、終点側が主要地方道に昇格し山口県道66号長門油谷線の一部となったことにより、残りの区間で認定された路線である。
  • 元々は山口県道210号秋穂佐山線だったが、同路線の山口市秋穂二島以西が1976年に主要地方道に昇格し、山口県道25号防府佐山線になったことから山口県道210号秋穂佐山線が廃止され、その残部をもって現路線が成立した。