元々は古代ローマ

5 の用例 (0.00 秒)
  • コグノーメンは、元々は古代ローマの人名の第3番目の名前のことをいう。
  • 元々は古代ローマの名門の一つクラウディウス氏族の女子を指す非固有名であった。
  • 元々は古代ローマ時代に皇帝アウグストゥスが作らせたもので、ヴィルゴ水道の終端施設としての人工の泉が場所を替えた後、今の位置になった。
  • さらに、パルティア史の記録文献においては母と息子の婚姻例も存在し、元々は古代ローマの女奴隷であったムサが国王フラーテス4世との間にフラーテス5世をもうけた後、息子と謀って夫を殺害し国王となった息子と結婚したと伝えられている。
  • 一般では結婚式を終えハネムーンに旅立つ新郎が花嫁を抱きかかえて幸せをアピールするポーズとしても広く知られているが、元々は古代ローマの風習で、新郎新婦が新居に入る際に花嫁が入り口から屋内まで抱きかかえられたまま運ばれたことに由来する。