元々は上方落語

21 の用例 (0.00 秒)
  • 元々は上方落語の演目で、後に東京でも口演されるようになった。
  • 元々は上方落語の演目の一つで戦後に東京へ移植された。
  • 元々は上方落語の演目で、明治30年ごろに4代目柳亭左楽が東京に移植した。
  • 元々は上方落語の演目で、3代目桂文団治が得意としていた。
  • 元々は上方落語の演目で、現在では東京でも演じられる。
  • 元々は上方落語の演目で、東京へは1929年頃に移入された。
  • 元々は上方落語の演目で、2代目および、3代目桂春團治のものが広く知られる。
  • 元々は上方落語の演目で、のちに東京に移植された。
  • 元々は上方落語の演目で、4代目春風亭柳枝が東京に持ち込んだ。
  • 元々は上方落語の演目で、3代目三遊亭圓馬によって東京落語に持ち込まれた。
  • 元々は上方落語の名跡であるが、3代目以降は東西に分裂し、5代目以降は江戸落語の名跡となる。
  • 元々は上方落語の演目で、幕末から大阪で演じられていたものを、3代目柳家小さんが東京に移入した。
  • 元々は上方落語の演目の一つである。
  • 元々は上方落語の演目で、3代目柳家小さんが東京に持ち込んだ。
  • 元々は上方落語の演目で、2代目林家菊丸の作とされる。
  • 元々は上方落語の演目で、主な演者に東京の8代目三笑亭可楽や桂歌丸、上方の6代目笑福亭松鶴などがいる。
  • 元々は上方落語の演目で、住吉大社が舞台である。
  • 元々は上方落語の演目で、3代目三遊亭圓馬から4代目柳家小さんに伝わり、東京へと移植された。
  • 元々は上方落語の演目である。
  • 元々は上方落語の名跡で、初代は桂燕枝を名乗る。