元々はフランス

20 の用例 (0.00 秒)
  • ユダヤ系ロシアの将軍の娘で、元々はフランス系ハンガリーの一族である。
  • 元々はフランスオペラの伝統だったが、有名作品ではドイツオペラに多い。
  • 元々はフランス軍の衛生隊が始めた、野戦病院でのシステムである。
  • 現在、著者はフランス在住であり、元々はフランスで全4巻で出版された。
  • 元々はフランス領だったが、英仏による七年戦争でイギリス領となり、その時に州都に定められた。
  • その名称からもわかるように、元々はフランスの農業系金融機関であり、日本の農林中央金庫に相当する。
  • 元々はフランスの政治外交を専門としていたが、最近では、グローバリゼーションによる国家の変容に関心を移している。
  • 元々はフランス国籍の選手として活動していたがプロ転向後はモナコ公国に国籍を移している選手である。
  • この遠征の目的は、この土地が元々はフランスのものであったという主張の確認であり、イギリスの影響がどれほどのものかを判断し、またインディアンにフランスの力を見せつけるためでもあった。
  • 元々はフランスの宮廷料理である。
  • 元々はフランスのもので、タイルを意味する。
  • 元々はフランスだけでなく他の国も巡回し開催するはずの展覧会であったが、その予定をとりやめて翌年1951年にヴァロリスで行うことになった。
  • 元々はフランスの航空機産業が国有化される前にリオレ・エ・オリビエレオH-47として開発された。
  • ナポレオンは元々はフランス革命に参加したジャコバン党の熱烈な支持者であり、1791年に入党している。
  • イデオロギーは元々はフランス革命の時代においてデスチュット・ド・トラシーにより『観念学要綱』で用いられた「観念の起源を決定する科学」を意味する概念であった。
  • 元々はフランス南東部のドーフィネ地方の領主の称号であったが、1349年に同地方を王太子領として以降、王太子の称号となった。
  • また、プランタジネット王家自体が元々はフランスのアンジュー伯家であって、フランスで生まれ育ったヘンリー2世やリチャード1世にしても、その治世の最大の関心事は大陸側にある領土問題であった。
  • プラリネは、元々はフランスの貴族・外交官・軍人のセザール・ガブリエル・ド・ショワズール=プラズランの料理人のクレマン・ラサーニュによって 17世紀に考案されたもので、プラズランに因んで Prasline と名づけられたものが転じて Praline になったとされる。
  • ロンドーは元々はフランスの詩型であり、2つの脚韻を用いた「5-4-6」の3連15行で書かれ、1行目の冒頭部がリフレインとして第2・第3連の最後の行に用いられる。
  • コンパニは、元々はフランス本国で、16歳以上で、身長が5フィート5インチ以上の男性から召集されたが、1687年以後は、ヌーベルフランスの入植者から選ばれた。