元々この曲

11 の用例 (0.00 秒)
  • 元々この曲は、真璃子個人のアルバムに収録する予定で当初レコーディングされたが、収録されずに結局お蔵入りとなってしまった。
  • 元々この曲は、1945年頃に着想した受難劇であったようだが、受難劇という形では完成されなかった。
  • 元々この曲は岡平の作った曲であるために19として披露するときは主に岡平が全編通して歌う。
  • 元々この曲は、作曲者の一人であるアメリカのポップシンガー、ポーラ・アブドゥルのために制作された曲であった。
  • 元々この曲は、1983年にリリースされた尾崎のファースト・アルバム、『十七歳の地図』に収録されていた作品で、8年の歳月を経てシングル曲としてリリースされた。
  • 元々この曲はボーカルである横山剣が「和田アキ子さんに歌って欲しい」という思いで作曲し、シングルとして発売した際にはあたかも和田が歌っているかようにレコーディングされた。
  • 例外はボコスカウォーズの音楽にプログラマーが歌詞をつくっていたものに声を当てた「すすめボコスカ」で、元々この曲に声はなく、この作品で初めて歌われた。
  • 例外はアイドル八犬伝の劇中歌に声を当てた、萌えソングの始祖ともされる「きみはホエホエむすめ」で、元々この曲に声はなく、この作品で初めて声が当てられた。
  • 元々この曲は五輪やコマネチのために書かれたものではなく、1971年に公開された映画『動物と子供たちの詩』のサウンドトラック『Bless the Beasts and Children』に収録されていた楽曲でありアメリカの昼ドラ、ヤング・アンド・ザ・レストレスのテーマソングにも使われていた。
  • ボノは、「エレヴェイション・ツアー」で、元々この曲は恋に浮かされた二日酔いの歌だが、ジョーイは自分自身にとってのゴスペルに変えていた、と紹介した。
  • しかしながら元々この曲は、ウォルター・スコットの名高い叙事詩『湖上の美人』の、アダム・シュトルクによるドイツ語訳に曲付けされたものであり、したがってシューベルトの《歌曲集『湖上の美人』》の一部を成しているのである。