儲けており

28 の用例 (0.00 秒)
  • 妻の屋寿との間に6男3女を儲けており、長男の豊川順彌が後を継いだ。
  • 亮政は5男5女を儲けており、また婿養子として一族の田屋明政がいる。
  • 祖父の朝彦親王は男子9人を儲けており、東久邇宮稔彦王は叔父の一人である。
  • 両者との間に北条時氏・盛時ら兄弟を儲けており、盛時は時氏と異父兄弟の関係にあった。
  • 鄭の九代目・穆公は息子を多く儲けており、その死後は霊公が後を継ぎ、それ以外の子は分家した。
  • アウレリウス帝は在位中に後継者を儲けており、初めから帝位継承者として育てられる息子を持つ最初のローマ皇帝だった。
  • 母ジェリアンと4人の息子と2人の娘を儲けており、カール・クラウゼヴィッツは一番下の弟であった。
  • 女系では千葉氏胤室となった娘が氏胤との間に満胤を儲けており、満胤以降の千葉氏宗家にその血統を伝えている。
  • また1981年にハニー・ホルマンという女性との間にもウィニー・ホルマンという私生児の娘を儲けており、こちらも養育費を負担している。
  • さらに父ハインリヒは前妻との間にも5人の子供を儲けており、ゲーリングはハインリヒの計10人の子供の中では第9子にあたる。
  • なお、源為朝の娘との間には嫡子・重秀のほか鎌倉幕府2代将軍・源頼家の室となった娘を儲けており、この女性は公暁の母となっていることが『吾妻鏡』建保7年1月27日条にみえている。
  • 韓氏の間には六男二女を儲けており、その中に朝鮮第2代王、定宗芳果、第3代王・太宗芳遠がいた。
  • なお、清河は唐の婦人と結婚して喜娘という娘を儲けており、喜娘は宝亀の遣唐使に伴われて来日した。
  • 私生活では3度の結婚で5人の子供を儲けており、亡くなった時には先妻エリザベス・ライヴリーと復縁していた。
  • ただし、重定は治憲を養子に迎えた年から10年余りの間に勝熙、勝意、勝定、定興の4人の男子を儲けており、次男の勝意が治憲の跡を継いで第10代藩主となった。
  • 夫妻はシェレンベルクも含めて7人の子供を儲けており、シェレンベルクはその末っ子であった。
  • また、トリと結婚する前にディーンには前妻との間に子供が1人と、養女を1人儲けており、3人の子供がいる。
  • クリストファー・チェナリーは3人の子供を儲けており、ヘレンはその末っ子であった。
  • 養父の宗紀は隠居後に実子の宗徳を儲けており、宗城はこの宗徳を養子にして藩主の座を譲ったが、隠居後も藩政に影響を与え続けた。
  • カッサンドロスはアレクサンドロスを激しく憎んではいたが、アレクサンドロスの妹である妻テッサロニカとの間にはすでに挙げた3子を儲けており、都市テルマを妻の名前からとってテッサロニカと改名した。
  • 次へ »