儲けている

248 の用例 (0.00 秒)
  • しかし、ホテルはどこも儲けているかといえば、必ずしもそうでもない。 南里征典『赤坂哀愁夫人』より引用
  • 師冬と結婚した時期は不明で、子供もまだ儲けていなかったらしい。
  • 長浜時代、彼は侍女の一人に手をつけて男女二人まで子を儲けている。 杉本苑子『影の系譜 豊臣家崩壊』より引用
  • センターの活気からきっと今日ももうけているのだろうとモモコは思う。 池上永一『シャングリ・ラ 上』より引用
  • 信虎は、八十一歳までも生きた男で、男女あわせて十七人の子を儲けている。 桑田忠親『戦国史疑』より引用
  • 昔は、政治に関係すると、損をしたものですが、今では儲けています。 豊島与志雄『蔵の二階』より引用
  • それから笑った顔は、ずいぶんもうけているようだね、と言っていた。 支倉凍砂『狼と香辛料Ⅲ』より引用
  • 兼子の話によれば浩一郎は、商売以外に土地の売買などをしてもうけていた。 筒井康隆『(「七瀬」三部作 1) 家族八景』より引用
  • 妻は声優・女優の上野アサで、死別した前妻との間に1女を儲けている。
  • レドリックとのあいだには、五年前に王子を、三年前に王女をもうけている。 水野良『ロードス島戦記 7 ロードスの聖騎士(下)』より引用
  • 過去編ではデモーナからプロポーズされ結婚して一児を儲けている。
  • 私生活では妻キャリン・ベイルズとの間に二人の子供を儲けている。
  • また江西赴任中には章亜若との間に双子の章孝嚴と章孝慈を儲けている。
  • いや、むしろ、日本が敗けたがために彼らは儲けているという苦しみと喜び。 横光利一『夜の靴』より引用
  • それなのにあぶく銭を儲けている政商成金たちの日常はこのざまなのだ。 小堺昭三『明治の怪物経営者たち(1)』より引用
  • しかし今、実際には朝鮮戦争という他人の不幸で儲けている。 長尾三郎『生き仏になった落ちこぼれ』より引用
  • 家庭は前夫人との間に一男一女を儲けていた。
  • 公共事業でもうけている役人や建設業者も、既得権を手放したがらなかった。 山本弘『神は沈黙せず』より引用
  • 小出版社で紙を横流ししてかえってもうけている所もあった。 山口瞳『江分利満氏の華麗な生活』より引用
  • むろん彼女は、新宅の建築費の十倍に近い金を既にあの映画によってもうけていたのだった。 海野十三『蠅』より引用
  • 次へ »

儲けている の使われ方