儲けた息子

8 の用例 (0.00 秒)
  • タヒチでのストリックランドのことを話し終えた私の頭には、彼がアタとの間に儲けた息子が、大海原で船を操っている姿が浮かんでいた。
  • アラン・ドロンとの間に儲けた息子のアントワーヌは後に、アントニー・ドロンの芸名で俳優となった。
  • フルート奏者、指揮者のクロード・モントゥーは2度目の結婚時に儲けた息子で、共演もしている。
  • 宇佐八幡宮の留守職であった藤原教清が宇佐八幡大宮司の娘との間に儲けた息子藤原舜清は、1120年に大隅国の垂水へ下ってきて、続いて1123年正月に蒲生院に入ってこの地域の総領職となった。
  • ケント公妃とコンロイの関係については様々に噂され、ウェリントン公爵やケント公妃が前夫との間に儲けた息子カール・ツー・ライニンゲン侯爵は二人を愛人関係と疑っていた。
  • スターンはカーペンターの再婚相手であり、カーペンターが先の結婚で儲けた息子はサラサーテが名付け親だった。
  • アルマグロが土着パナマ人アナ・マルチナスとの間に儲けた息子をチリへ連れて来るように導いた初期の楽天主義は色あせた。
  • 神聖ローマ皇帝マクシミリアン2世の弟でオーストリア大公カール2世とその妻で姪に当たるマリア・アンナ大公妃が叔姪婚によって儲けた息子であり、ルドルフ2世、マティアス兄弟の従弟に当たる。