儲けたら

20 の用例 (0.00 秒)
  • 一日終わって右のポケットに残った分だけ儲けたと思えというのである。 吉川英明『父 吉川英治』より引用
  • そのくせ、なにをやって儲けたんだって訊いても、なにひとつ答えねえ。 馳星周『不夜城完結編 長恨歌』より引用
  • もし、バクチで儲けたとすれば、十三日か十四日の夜ということになる。 梶山季之『女の警察』より引用
  • 帝俊には和という妻がおり、その間に太陽となる10人の息子を儲けた。
  • 孫は久太郎の他に、お勇が韓国人の男性との間に儲けた男子3人がいる。
  • メルキオルは自分でもうけただけを飲んでしまうのでは満足しなかった。 ロラン・ロマン『ジャン・クリストフ』より引用
  • パウラと征人はそれまでと同じように日々を暮らし、やがて子をもうけた。 福井晴敏『終戦のローレライ(下)』より引用
  • ところが一方、もうけたよりも余計な金を国家につぎこんでいたのである。 ロレンス/飯島淳秀訳『チャタレイ夫人の恋人』より引用
  • 結婚したバーバラはビジネス学校へ入学し、すぐに最初の子供を儲けた。
  • その蘭方薬で儲けた金で私は去年から米の買いつけをはじめたのです。 新田次郎『槍ヶ岳開山』より引用
  • また日本滞在中、日本の芸者との間に2人の子供を儲けたといわれている。
  • 儲けた金を儲けた市場で使うというのは、宗一郎の現場主義にも通じる。 佐藤正明『ホンダ神話 教祖のなき後で(下)』より引用
  • 運用して儲けた金の三割は好きに使ってよいと命じてもいた。 佐藤大輔『皇国の守護者2 名誉なき勝利』より引用
  • だってよぅ、祖父さまはその資本金で儲けた挙句でこの島を買うんだぜ? 竜騎士07『うみねこのなく頃に Episode 1 The Legend of the Golden Witch [A3879D13]』より引用
  • また兄の嫁になるはずだった黒田職隆の娘を妻に迎え、久松丸を儲けた。
  • 彼女自身も皇子を儲けたにも関わらず従七位下という低い官位で終わる。
  • 最初の妻との間には3人、二番目の妻との間には4人の子を儲けた。
  • 儲けたのは事実かもしれないが、それをみんな使ってしまう理由はどこにもない。 阿刀田高『花の図鑑(上)』より引用
  • けどね、僕が木下の下で動くことで、あなた、随分と儲けたはずですよ。 藤咲淳一『攻殻機動隊 凍える機械』より引用
  • また娘の一人が平忠盛の側室となって、教盛を儲けたことでも知られている。